[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、リング誌最新PFPは2位で変わらず 衝撃TKOも1位カネロの牙城崩せず

権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」が全階級のボクサーを格付けしたパウンド・フォー・パウンド(PFP)を20日(日本時間21日)までに更新。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)の2位は変わらず。1位のカネロこと4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)の牙城は崩せなかった。

井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank via Getty Images】
井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank via Getty Images】

1位カネロ、3位クロフォード…上位10傑に変動なし

 権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」が全階級のボクサーを格付けしたパウンド・フォー・パウンド(PFP)を20日(日本時間21日)までに更新。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)の2位は変わらず。1位のカネロこと4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)の牙城は崩せなかった。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 PFPとは全17階級あるボクサーの実力を比較し、体重差がなかった場合の最強選手をランキング化したもの。

 井上は19日(同20日)、WBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチで挑戦者のIBF1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)に3回2分45秒TKO勝ち。ボディーで3度ダウンを奪う圧巻の勝利だったが、順位は2位のまま据え置き。上位10傑に変動はなかった。

 リング誌の最新PFPは以下の通り。

1位 サウル・アルバレス(メキシコ)
2位 井上尚弥(日本)
3位 テレンス・クロフォード(米国)
4位 オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)
5位 ジョシュ・テイラー(英国)
6位 エロール・スペンスJr.(米国)
7位 テオフィモ・ロペス(米国)
8位 ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)
9位 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)
10位 井岡一翔(日本)

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集