[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥とカネロ、PFP最強を巡って米記者が持論「考えているよりも力の差はない」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチが19日(日本時間20日)、米ラスベガスのヴァージンホテルで行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)が挑戦者のIBF1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)に3回2分45秒TKO勝ちした。バンタム級の盟主として力を見せつけたモンスターに対し、米記者からは権威ある米誌「ザ・リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で1位に君臨するカネロことサウル・アルバレス(メキシコ)と比較し、「一部の人が考えているよりも力の差はない議論だ」と井上を高く評価している。

WBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチ、井上尚弥はマイケル・ダスマリナスに3回TKO勝ちした【写真:AP】
WBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチ、井上尚弥はマイケル・ダスマリナスに3回TKO勝ちした【写真:AP】

米専門メディアの記者が井上とカネロを比較

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチが19日(日本時間20日)、米ラスベガスのヴァージンホテルで行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)が挑戦者のIBF1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)に3回2分45秒TKO勝ちした。バンタム級の盟主として力を見せつけたモンスターに対し、米記者からは権威ある米誌「ザ・リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で1位に君臨するカネロことサウル・アルバレス(メキシコ)と比較し、「一部の人が考えているよりも力の差はない議論だ」と井上を高く評価している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 ダスマリナスを相手に演じた衝撃KOによって、井上の評価はさらに高まっているのだろうか。左ボディーで3度のダウンを奪い、挑戦者を悶絶させた。モンスターの底知れないパワーを改めて証明したことで、米専門メディア「ボクシングシーン.com」のクリフ・ロルド記者は自身のツイッターでPFP最強のカネロとの比較を行っている。

「ナオヤ・イノウエはTBRB(トランスナショナル・ボクシング・ランキング委員会)とリング誌のランキングに入っている相手に対し、カネロと同等の勝利数を収めている。ステップワークはより素早く、パンチもより速い。サイズと比較して、パワーもより優れている。一部の人が考えているよりも力の差はない議論だ」

 TBRBもリング誌も団体を無視した場合の階級別ランキングを独自に選出している。同記者は井上もカネロも対戦相手の“質”に大きな差はないと主張している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集