[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ラグビー日本代表、W杯以来601日ぶり実戦で白星 サンウルブズに32-17で逆転勝ち

ラグビー日本代表が12日、静岡・エコパスタジアムでサンウルブズと強化試合を行い、32-17で勝利した。史上初の8強入りを果たした2019年ワールドカップ(W杯)日本大会以来、601日ぶりの代表戦。主将のFLリーチ・マイケル、PR稲垣啓太、SO田村優など当時のメンバー13人が先発に名を連ねた。

ラグビー日本代表が12日、静岡・エコパスタジアムでサンウルブズと強化試合を行い、32-17で勝利した【写真:奥井隆史】
ラグビー日本代表が12日、静岡・エコパスタジアムでサンウルブズと強化試合を行い、32-17で勝利した【写真:奥井隆史】

日本代表VSサンウルブズ

 ラグビー日本代表が12日、静岡・エコパスタジアムでサンウルブズと強化試合を行い、32-17で勝利した。史上初の8強入りを果たした2019年ワールドカップ(W杯)日本大会以来、601日ぶりの代表戦。主将のFLリーチ・マイケル、PR稲垣啓太、SO田村優など当時のメンバー13人が先発に名を連ねた。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 日本代表は前半、劣勢を強いられた。19分、キックパスで防御網の裏を突かれると、混戦から最後はSH荒井康植に左サイドライン際に飛び込まれ、先制トライを献上。SO山沢拓也のコンバージョンも決まり、0-7とリードを許した。

 それでも、31分に敵陣ゴール正面で得たペナルティキックをSO田村優が決め、新生・日本代表の初得点を記録。3-7とした。しかし、前半終了間際、今季限りで引退した福岡堅樹の後継者と期待される途中出場のWTB竹山晃暉にトライを奪われ、3-14で折り返した。

 日本は後半2分、PR稲垣に代えてグレイグ・ミラー、FLヴァンピー・ファンデルヴァルトに代えてジャック・コーネルセン、WTBゲラード・ファンデンヒーファーに代えてシオサイア・フィフィタを投入した。11分にはHO坂手淳史に代えて堀越康介、SH茂野海人に代えて齋藤直人、田村に代えて松田力也、リーチに代えてテビタ・タタフを投入。積極的な選手交代で巻き返しを図った。

 動きがあったのは20分。敵陣残り5メートル付近のモールからパスを受けた堀越がゴール左に飛び込んでトライ。松田がコンバージョンを決め、10-14と追い上げた。続く25分にはCTB中村亮土が逆転トライを決め、松田がコンバージョンに成功。17-14と試合をひっくり返した。

 28分には竹山にペナルティゴールを決められ、17-17の同点に追いつかれたが、31分に左サイドライン際からタタフが抜け出して勝ち越しトライ。その後は松田のペナルティゴールでリードを広げ、サンウルブズを下した。

 この試合のために再結成されたサンウルブズは、試合6日前に始動し、8日夜から合流した日本代表9人と短い期間で作り上げた急造チーム。ディフェンス練習は前日に5分程度しかしていないが、代表内の番手争いをする選手や、将来の代表入りへアピールを狙う若手が奮闘した。

 今回は19年W杯でアイルランドから歴史的勝利を挙げた会場で有観客開催。観衆1万8434人だった。

 コロナ禍で昨年の代表活動は中止。先月26日から大分・別府合宿で再始動した。今後は欧州遠征として英国系4協会の選抜チーム、全英・アイルランド代表ライオンズ戦(スコットランド)を26日に予定。7月3日には敵地でアイルランドと戦い、23年W杯フランス大会に向けて強化を図っていく。

 試合後、リーチ主将は1年8か月ぶりとなった試合について「待ち切れなかった。ずっとコロナで合宿で集まったり、試合したりするのに時間かかったけど、今日、やっと皆さんの前でプレーできたことがすごくうれしいです」と振り返った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集