[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲見萌寧、16アンダー独走 後輩から「なんでそんなに優勝できるの?」と聞かれる強さ

女子ゴルフの国内ツアー・宮里藍サントリーレディスは12日、兵庫・六甲国際GC(6517ヤード、パー72)で3日目が行われ、首位で出た稲見萌寧(都築電気)は6バーディー、ノーボギーの66で回り、通算16アンダー。2位の西村優菜らに4打差をつけ、今年6勝目、今季7勝目に王手をかけた。

ノーボギーの66、通算16アンダーで2位に4打差をつけて首位をキープした稲見萌寧【写真:Getty Images】
ノーボギーの66、通算16アンダーで2位に4打差をつけて首位をキープした稲見萌寧【写真:Getty Images】

宮里藍サントリーレディス3日目

 女子ゴルフの国内ツアー・宮里藍サントリーレディスは12日、兵庫・六甲国際GC(6517ヤード、パー72)で3日目が行われ、首位で出た稲見萌寧(都築電気)は6バーディー、ノーボギーの66で回り、通算16アンダー。2位の西村優菜らに4打差をつけ、今年6勝目、今季7勝目に王手をかけた。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 独走態勢に入った稲見がプレー以外でも沸かせた。ホールアウト後のインタビューだ。稲見の前に記者会見に臨んでいたのは、1組前でプレーしていた西村。インタビュー会場の後方で待機する形となっていた稲見は、会見の終わりに記者に交じって西村へ質問を投げかけた。

「なんでそんなに小さいのに最強なんですか? 絶対150(センチ)ないですよね」。これに会見場は大爆笑。公称150センチの西村も笑いながら「あります!」と返し、今度は稲見に逆質問。「どうしてそんなに優勝できるんですか?」。最終日に優勝を争う2人が珍問答を展開した。

 確かに西村が、そう問いかけたくなるほどの強さだ。稲見は3番で1メートル、5番で2メートルにピタリと寄せバーディー。後半も4つ伸ばした。6バーディーもさることながら、3日間54ホール連続ノーボギーの安定感も際立つ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集