[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 戻ってこい錦織― 故障者が相次ぐ現状を英メディアが不安視「スターを失っている」

戻ってこい錦織― 故障者が相次ぐ現状を英メディアが不安視「スターを失っている」

テニスの全豪オープン男子シングルスは世界ランク2位のロジャー・フェデラーの優勝で幕を閉じた。36歳にして20度目のグランドスラム制覇という偉業を成し遂げ、完全復活を印象付けたレジェンド。しかし英公共放送「BBC」は、右手の故障から完全復帰を目指す世界ランク27位の錦織圭(日清食品)らの不在に注目し、「テニス界はあまりに多くのスターを失っている」と現状を危惧している。

錦織圭【写真:Getty Images】
錦織圭【写真:Getty Images】

復活待たれるマレー、ジョコビッチ、そして錦織―「あまりに多くのスターを失っている」

 テニスの全豪オープン男子シングルスは世界ランク2位のロジャー・フェデラーの優勝で幕を閉じた。36歳にして20度目のグランドスラム制覇という偉業を成し遂げ、完全復活を印象付けたレジェンド。しかし英公共放送「BBC」は、右手の故障から完全復帰を目指す世界ランク27位の錦織圭(日清食品)らの不在に注目し、「テニス界はあまりに多くのスターを失っている」と現状を危惧している。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 記事ではフェデラー、そして、世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)というレジェンド勢が完全復活を遂げる一方、復活を待たれる男たちがいることを指摘した。

「テニス界はあまりに多くのスターの名前を失っている。マレーの臀部は彼を永遠に停滞させ、ジョコビッチの肘も彼を後退させた。スタン・ワウリンカは彼の膝に、ケイ・ニシコリは彼の手首に苦しんでいる」

 元世界ランク1位のアンディ・マレー(英国)は全豪オープンを臀部の痛みで欠場し、膝の故障で昨年手術を受けたワウリンカは2回戦で敗退。肘の故障で昨年後半戦を離脱した元1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)も4回戦で敗退した。

 そして錦織は昨年8月に右手首を故障。ベルギーとマイアミでリハビリを進め、全豪オープンには当初参戦予定だったが、コンディションの問題で下部ツアー参戦に切り替え、先日の「ニューポートビーチ・チャレンジャー」に出場するも、1回戦で敗れた。

 次戦は29日(日本時間30日)に、下部ツアー「ダラス・チャレンジャー」の初戦に臨む。フェデラー、ナダルが圧倒的な輝きを取り戻す間、故障と戦うスターとして登場した錦織。世界もエア・ケイの完全復活を願っている。

(THE ANSWER編集部)

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー