[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全勝Vパナソニック、世界的な名将が「次のW杯でも戦える」と絶賛した若き2人は?

ラグビーの日本選手権を兼ねたトップリーグ(TL)のプレーオフトーナメント決勝が23日、東京・秩父宮ラグビー場で行われ、パナソニックが31-26でサントリーを下し、5季ぶり5度目の優勝(三洋電機時代含む)を飾った。現行システムでは最後となるトップリーグで優勝5度はサントリーに並ぶ最多。試合後、ロビー・ディーンズ監督は「何よりうちの若い10番を誇りに思う」と2人のSOを称えた。

5季ぶり5度目の優勝を飾ったパナソニック【写真:Getty Images】
5季ぶり5度目の優勝を飾ったパナソニック【写真:Getty Images】

松田力也&山沢拓也を指揮官とキャプテンが絶賛

 ラグビーの日本選手権を兼ねたトップリーグ(TL)のプレーオフトーナメント決勝が23日、東京・秩父宮ラグビー場で行われ、パナソニックが31-26でサントリーを下し、5季ぶり5度目の優勝(三洋電機時代含む)を飾った。現行システムでは最後となるトップリーグで優勝5度はサントリーに並ぶ最多。試合後、ロビー・ディーンズ監督は「何よりうちの若い10番を誇りに思う」と2人のSOを称えた。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 パナソニックは最後1トライ差まで詰められながらも、鉄壁のディフェンスで凌ぎ切った。ライバルとしてしのぎを削ってきた頂上決戦を制し、ディーンズ監督は「最後のトップリーグに相応しいファイナルになった。ゲームの終わり方に満足している。中盤、終盤の逆襲はサントリーらしいものがあり、大いに苦しめられました」と振り返ったうえでこう続けた。

「何よりうちの若い10番の選手を誇りに思う。2人の10番は次のW杯でも戦える素晴らしいプレーヤーだと思います。こんな2人がいたチームは過去にないのではないですか」

 オーストラリア代表や、クルセイダーズ(スーパーラグビー)のヘッドコーチを歴任した世界的名将が称えたのはSO松田力也と、後半19分から松田に代わってSOに入った山沢拓也だ。27歳の松田は不動の司令塔としてチームを牽引。この日も前半に50メートル近いペナルティーゴール(PG)を決めるなど、正確なキックを連発し、チームに勢いをもたらした。26歳の山沢も安定したプレーを披露。後半33分には貴重なPGを決めた。

 キャプテンのHO坂手淳史も「あの10番2人を凄く信頼している。10番に外国人を使わないのは、あの2人がレベルが高いから。年下ですけど、信頼しています。(日本代表でも)十分通用する。今のままプレーしてくれれば、ワイルドナイツにとっても日本代表にとっても必要な選手になる。2人ともスペシャル。素晴らしいプレーヤーです」とべた褒めだった。

 松田自身も「素晴らしい選手が沢山いる中でパナソニックは(SOとして)僕と山沢を選んでくれた。その気持ちに応えたい。結果で示せたかなと。充実感、満足もしています。ただ、まだまだプレー全体は満足していない。(山沢と)お互いライバルとして切磋琢磨してやっていければいい。この結果を受けてもっと成長したい」と充実感を漂わせていた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集