[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲見萌寧の原動力は「不安」 長時間練習にコーチですら「帰りたい」と悲鳴を上げた

女子ゴルフの国内ツアー、中京テレビ・ブリヂストンレディス最終日が23日、愛知・中京GC石野C(6486ヤード、パー72)で行われた。21日の悪天候で36ホールの短縮競技となった中、首位で出た稲見萌寧(都築電気)が4バーディー、ボギーなしの68で回り、通算15アンダーの6打差で圧勝した。今年12戦5勝と強さを見せる21歳について、今大会キャディーを務めた奥嶋誠昭コーチは試合後の会見で「ホントに細かい」「帰りたいって言ったくらい」と練習の虫であることを明かした。

通算15アンダーで圧勝した稲見萌寧【写真:Getty Images】
通算15アンダーで圧勝した稲見萌寧【写真:Getty Images】

中京テレビ・ブリヂストンレディスで圧勝V

 女子ゴルフの国内ツアー、中京テレビ・ブリヂストンレディス最終日が23日、愛知・中京GC石野C(6486ヤード、パー72)で行われた。21日の悪天候で36ホールの短縮競技となった中、首位で出た稲見萌寧(都築電気)が4バーディー、ボギーなしの68で回り、通算15アンダーの6打差で圧勝した。今年12戦5勝と強さを見せる21歳について、今大会キャディーを務めた奥嶋誠昭コーチは試合後の会見で「ホントに細かい」「帰りたいって言ったくらい」と練習の虫であることを明かした。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 稲見は、前日にツアー新記録となる13バーディー(2ボギー)を奪い、パー72のコースではツアー最少ストロークに並ぶ61を記録。この日は出だしの1番で幸先良くバーディーを奪った。その後もボギーを打つことなく、終わってみれば2位に6打差をつけて圧勝。試合後、会見に応じた奥嶋コーチは「『パットがすごいな、打てば入るな』というような状態でした。初日は特に」と状態の良さに驚いていた。

 稲見のキャディーを務めて優勝したのは「3度目くらい」。好成績連発の要因については「何度も言ってるがパット。それ以外ない」と分析する。少しアドレスを変えたようで「彼女はクロスハンドなので、脇を締めちゃっていたのが、離したら良くなった」と語った。

 コーチに就いて約2年7か月。稲見のキャディーとして心がけていることは「余計なことをしない」こと。練習に臨む姿勢については「ホントに細かい」と苦笑いする。今週は月曜から金曜にかけて、バックスイングの上げ方を中心に5日で25時間以上はレッスンしたという。奥嶋コーチも、練習量に音を上げていたようだ。

「何時間レッスンしたか……ずっとでしたね。『(フォームが)なんか気持ち悪い』からずっと解決せず、金曜も(悪天候で)中止になってくれてよかったと思うくらい。金曜の最後くらいに『あ、気持ち悪くないかも』と言い始めた。(コーチ自身が)帰りたいって言ったくらい」

 稲見はオフの間、不安しか感じていない様子だったという。「本人もこんなに勝つと思っていなかったと思う」と奥嶋コーチ。「常に彼女は不安だし、だから練習する。これで自信もって怠け出したらダメ。常に不安を持ってくれていたらいいなと思う」と“不変”を願っていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集