[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

引退・福岡堅樹が有終トライ! パナソニックが最多5度目V、最後のトップリーグ王者に

ラグビーの日本選手権を兼ねたトップリーグ(TL)のプレーオフトーナメント決勝が23日、東京・秩父宮ラグビー場で行われ、パナソニックが31-26でサントリーを下し、5季ぶり5度目の優勝(三洋電機時代含む)を飾った。現行システムでは最後となるトップリーグで優勝5度はサントリーに並ぶ最多。今季限りで引退する2019年ラグビーW杯日本代表WTB福岡堅樹は、前半30分にトライを決めるなど有終の美を飾った。

今季限りで引退するパナソニックの福岡堅樹【写真:Getty Images】
今季限りで引退するパナソニックの福岡堅樹【写真:Getty Images】

トップリーグプレーオフトーナメント決勝

 ラグビーの日本選手権を兼ねたトップリーグ(TL)のプレーオフトーナメント決勝が23日、東京・秩父宮ラグビー場で行われ、パナソニックが31-26でサントリーを下し、5季ぶり5度目の優勝(三洋電機時代含む)を飾った。現行システムでは最後となるトップリーグで優勝5度はサントリーに並ぶ最多。今季限りで引退する2019年ラグビーW杯日本代表WTB福岡堅樹は、前半30分にトライを決めるなど有終の美を飾った。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 今季ともに無敗の両雄。先手をとったのはパナソニックだ。前半5分、自陣でボールをインターセプトしたCTBディラン・ライリーが独走。快足を飛ばして先制トライを決めた。14分にはSO松田力也が距離のあるペナルティーゴール(PG)を決めて10-0とした。キックが冴える松田は25分にも50メートル近い距離のPGを決め、13-0とリードを広げた。

 医師を目指し、現役ラストマッチとなる福岡も持ち味を発揮した。30分、左サイドで松田からの飛ばしパスを受けると、狭いスペースに突進。最後はボーデン・バレットを振り切って左隅にトライを決めた。

 サントリーも35分にCTB中村亮土がトライを返したが、パナソニックは39分に松田がこの日3つ目のPGに成功。23-7とリードを奪って前半を終えた。

 後半はサントリーが反撃。同2分にWTB中鶴隆彰のトライで点差を縮めるが、パナソニックも15分から途中出場のPRヴァルアサエリ愛のトライで再び突き放した。31分にはサントリーSH齋藤直人にトライを決められて9点差。最後は5点差まで迫られたが、凌ぎ切ったパナソニックが最後のトップリーグで5度目の栄冠を手にした。

【トップリーグ歴代優勝チーム】
2018-19神戸製鋼
2017-18サントリー
2016-17サントリー
2015-16パナソニック
2014-15パナソニック
2012-13パナソニック
2011-12サントリー
2010-11三洋電機
2009-10東芝
2008-09東芝
2007-08サントリー
2006-07東芝
2005-06東芝府中
2004-05東芝府中
2003-04神戸製鋼

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集