[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、グラスゴーの衝撃から2年 ロドリゲス陣営暴挙をWBSS回想「やりすぎた結末」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(大橋)は2018ー19年に行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級大会で優勝を果たした。WBSS公式サイトでは英国初上陸となった準決勝の前に起きた“トレーナー小突き事件”に再脚光。モンスターを怒らせたエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)の結末を振り返っている。

2019年5月、WBSS準決勝で井上尚弥(左)はエマヌエル・ロドリゲスを破った【写真:Getty Images】
2019年5月、WBSS準決勝で井上尚弥(左)はエマヌエル・ロドリゲスを破った【写真:Getty Images】

2019年の準決勝前の騒動にWBSS「ロドリゲスを罰した」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(大橋)は2018ー19年に行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級大会で優勝を果たした。WBSS公式サイトでは英国初上陸となった準決勝の前に起きた“トレーナー小突き事件”に再脚光。モンスターを怒らせたエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)の結末を振り返っている。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 2019年5月18日、英スコットランド・グラスゴーの「SSEハイドロ」で行われた準決勝。井上は当時無敗のIBF王者ロドリゲスと激突した。あれから2年が経過し、WBSS公式サイトでは「やり過ぎた結末 イノウエは父親に関する騒動を巡り、ロドリゲスを罰した」との見出しで、試合前の出来事を振り返っている。

「試合前の公開練習で衝突があった。チームイノウエとチームロドリゲスの間で相当な緊張感が生まれた。父親でトレーナーのシンゴ・イノウエはロドリゲスの練習をスマートホンで撮影していた。すると、ロドリゲスのトレーナーのウィリアム・クルスは、これ以上のビデオ撮影を阻むためにシンゴ・イノウエを突き飛ばしたのだった」

 記事では、クルス氏が「これは戦争だ。我々の勝利で終わるだろう。人々はモンスターがイノウエではなく、ロドリゲスであることを土曜に知るだろう」などと豪語していたことも伝えている。

 試合は2回に3度のダウンを奪った井上が勝利を収めた。「ナオヤ・イノウエは“小突き事件”が発生した際に、その場に居合わせなかった。だが、この騒動が彼に凄まじいダメージを与える刺激となった」と振り返っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集