[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

優勝ナダル、頂上決戦で炸裂“土まみれのウィナー”に海外反響「芸術」「ビーストだ」

テニスのイタリア国際は現地時間16日、男子シングルス決勝が行われ、世界ランキング3位のラファエル・ナダル(スペイン)が同1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)に2-1(7-5、1-6、6-3)のフルセットで勝利。2年ぶり10度目の優勝を成し遂げた。ナダルが土まみれになりながらも決めた鋭角ウィナーの映像を、ATP公式中継サイト「テニスTV」が公開。海外ファンからは「芸術」「これぞキング」などと反響が寄せられている。

イタリア国際で2年ぶり10度目の優勝を果たしたラファエル・ナダル【写真:AP】
イタリア国際で2年ぶり10度目の優勝を果たしたラファエル・ナダル【写真:AP】

フルセットの末にジョコビッチを破って優勝

 テニスのイタリア国際は現地時間16日、男子シングルス決勝が行われ、世界ランキング3位のラファエル・ナダル(スペイン)が同1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)に2-1(7-5、1-6、6-3)のフルセットで勝利。2年ぶり10度目の優勝を成し遂げた。ナダルが土まみれになりながらも決めた鋭角ウィナーの映像を、ATP公式中継サイト「テニスTV」が公開。海外ファンからは「芸術」「これぞキング」などと反響が寄せられている。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 転倒しながらも、ミラクルショットを決めた。ナダルはジョコビッチが左手前に落とした返球を猛烈に追う。ギリギリで追いつくと左手を伸ばし、対角線いっぱいに見事なウィナーを放った。詰めていたジョコビッチは反応できず。ショット後、ナダルはラインにつまづいて転び、背中は土まみれとなってしまっている。

 実際の映像を「テニスTV」公式インスタグラムが公開。「ドラマ。ナダル、倒れながらも信じられないショット」と文面につづった。ナダルはラインに引っかかって転倒するようなコート状態が気に食わなかったのか、ショット後には納得のいかない様子も。ヤフースポーツ豪州版は「ナダルは試合序盤でラインに躓いて転んだ後に激怒。立ち上がった際に身振りを交え怒った」と伝えた。

 そのため「テニスTV」の動画には海外ファンから「コートの質が低い」などの声も寄せられていたが、頂上決戦で飛び出したナダルのショットについては「この男最高だ」「スーパーナダル」「このポイント信じられない」「これぞキング」「ビーストだ」「芸術。純粋に素晴らしい」「何てショットだ」「スーパーマン」などと反響が書き込まれていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集