[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が虫と“格闘” 逆転弾後の何気ない場面に米ファン和む「面白い」「ミーム」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、レッドソックス戦に「3番・DH」で先発出場。1点を追う9回2死一塁の第5打席で、相手守護神のマット・バーンズ投手から起死回生の逆転2ランを放った。その裏、ベンチで戦況を見つめる大谷が虫と“戦った”実際の映像を米記者が公開。ほんわかとする映像に、米ファンからは「面白すぎ」「真の天使」などと反響が寄せられている。

レッドソックス戦に「3番・DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
レッドソックス戦に「3番・DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

ベンチの大谷が虫に対してとった行動は…

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、レッドソックス戦に「3番・DH」で先発出場。1点を追う9回2死一塁の第5打席で、相手守護神のマット・バーンズ投手から起死回生の逆転2ランを放った。その裏、ベンチで戦況を見つめる大谷が虫と“戦った”実際の映像を米記者が公開。ほんわかとする映像に、米ファンからは「面白すぎ」「真の天使」などと反響が寄せられている。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 何気ないワンシーンですら注目されている。逆転2ランを放った直後の9回裏、ベンチで戦況を見つめる大谷の前に、小さな虫が飛んできた。どうするのか……大谷は息を吸い込むと、向かってくる虫に「ふーっ」と息を吹きかけた。手で振り払うなどはせず、落ち着いて“対応”。虫は大谷の前から静かに去っていった。

 なんとも和む実際の映像を米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」などで執筆していたブレント・マグワイア記者が自身のツイッターで公開。文面には「ショウヘイ・オオタニは野球界で最もミームにできる選手? 証拠がそれを裏付けている」とつづった。大谷の人柄を感じた米ファンからは「そう思う(笑)」「彼もそれ分かってるよね」「ショウヘイは真の天使」「可愛すぎ」「面白い」などと反響が寄せられている。

 大谷はこの試合、9回に相手守護神のバーンズから逆転2ランを放ち、チームの6-5の勝利に貢献。ここまでメジャートップタイとなる12本塁打をマークしている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集