[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

王座陥落のネリ 過去の失態に海外ファンから辛辣な声「ヤマナカの最後を汚したんだ」

ボクシングのWBA・WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチが15日(日本時間16日)、米カリフォリニア州カーソンで開催され、WBC同級王者ルイス・ネリ(メキシコ)がWBA同級正規王者ブランドン・フィゲロア(米国)に7回KO負け。プロ32戦目で初黒星を喫した。SNS上の海外ファンからは「ヤマナカの最後をどれだけ汚したのか」などと厳しい声があがっている。

プロ32戦目で初黒星を喫したルイス・ネリ【写真:Getty Images】
プロ32戦目で初黒星を喫したルイス・ネリ【写真:Getty Images】

フィゲロアに7回KO負け、プロ32戦目にして初黒星

 ボクシングのWBA・WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチが15日(日本時間16日)、米カリフォリニア州カーソンで開催され、WBC同級王者ルイス・ネリ(メキシコ)がWBA同級正規王者ブランドン・フィゲロア(米国)に7回KO負け。プロ32戦目で初黒星を喫した。SNS上の海外ファンからは「ヤマナカの最後をどれだけ汚したのか」などと厳しい声があがっている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 遂に敗れた。金髪にあご髭を蓄えて登場したネリ。初回から積極的に前に出る場面もあったが、決着は7回だった。フィゲロアの左ボディーを被弾。苦悶の表情を浮かべて膝をつくと、転がるようにして仰向けに。そのまま立ち上がれず、無敗同士の対戦でKO負けを喫した。

 ネリは2017年8月の山中慎介とのWBC世界バンタム級タイトルマッチで4回TKO勝ちを収めたが、試合前に行われたドーピング検査で禁止薬物が検出された。故意の摂取を否定していたが、18年3月の再戦ではリミット53.5キロを大幅に上回る2.3キロの体重超過。再計量でもパスできず、王座剥奪となっていた。

 19年11月、前IBF世界バンタム級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)とのWBC同級挑戦者決定戦でも、1度目の計量で約450グラムの体重超過を犯すなど、批判が少なくなかったネリ。今回の敗戦で、海外ファンからは厳しい声も上がっている。

 ツイッター上では「ブランドンが試合後のインタビューで、シンスケ・ヤマナカのために勝ったと言って欲しい」「ダーティファイターだ」「こいつは男じゃない。一度もだ。男になるにも規律がない」「日本では今お祭り騒ぎになっているに違いない。それまで無敗で殿堂入りにふさわしいキャリアだったレジェンド、ゴッドレフトのヤマナカの最後を、ネリがどれだけ汚したのか」などと書き込まれていた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集