[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

内村航平、NHK杯・鉄棒で15.333点 4度目五輪に前進も「満足する演技を追求しないと」

体操のNHK杯最終日が16日、長野・ビッグハットにて開催され、男子種目別の鉄棒に出場した内村航平(ジョイカル)はH難度のブレットシュナイダーを筆頭に離れ技をしっかりと成功させ、15.333点と高得点をマーク。4度目の五輪出場にまた一歩近付いた。演技後は「ミスがなかったところは、良かった」と冷静に振り返った。

内村航平【写真:Getty Images】
内村航平【写真:Getty Images】

男子種目別に出場「ミスがなかったところは、良かった」

 体操のNHK杯最終日が16日、長野・ビッグハットにて開催され、男子種目別の鉄棒に出場した内村航平(ジョイカル)はH難度のブレットシュナイダーを筆頭に離れ技をしっかりと成功させ、15.333点と高得点をマーク。4度目の五輪出場にまた一歩近付いた。演技後は「ミスがなかったところは、良かった」と冷静に振り返った。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 内村は過去3大会の五輪で団体、個人総合に出場し、個人総合を2連覇しているが、近年の負傷や年齢によるコンディション管理の問題から、東京五輪はスペシャリストが揃う種目別に絞って個人枠での出場を目指している。個人枠の代表は、最大2人。1人は、国内大会の成績で選考。もう1人は、ワールドカップ種目別で日本選手が五輪出場資格を得た場合、当該選手が選出される。

 国内選考は、4月の全日本選手権個人総合(予選、決勝)、今回のNHK杯、6月の全日本種目別選手権(予選、決勝)が選考対象。日本体操協会が主要大会を対象に作成している種目別の世界ランキング(6月の全日本種目別選手権終了時にランキングを完成)に対し、5試合で得た得点をあてはめて評価し、1位かつ0.2点差以上なら40ポイント、1位は30ポイント、2位は20ポイント……と定められたポイントを付与。5試合分で得た総ポイントの最上位者が日本代表に選出される。

 内村は、4月の全日本個人総合のトライアウトで15.166点、決勝で15.466点を記録。3回続けて15点超えの高得点をマークし、現状の世界ランキングにあてはめると、それぞれ40、30、40という高いポイントになるが「点数的には、今日も(現在の)世界ランクを超えているけど、そこを目指しているわけではない。自分の満足する演技をまだ追求していかないといけない。早く、自分の満足のいく演技を国内で出しておきたい」と体操界の頂点に君臨してきた王者らしい、飽くなき探求心を示した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集