[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に韓国出身記者も驚き 泳いだグリーンモンスター越え11号は「馬鹿げた力」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、今季二刀流の躍動で米国でも大きな話題となっている。14日(日本時間15日)の敵地レッドソックス戦には「2番・DH」で出場し、泳がされながらもフェンウェイパークの名物グリーンモンスターを越える11号本塁打を放った。これには韓国生まれの現地記者も「このパワーは馬鹿げている」などと衝撃をSNSにつづっている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

体勢を崩しながらも放った本塁打が話題

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、今季二刀流の躍動で米国でも大きな話題となっている。14日(日本時間15日)の敵地レッドソックス戦には「2番・DH」で出場し、泳がされながらもフェンウェイパークの名物グリーンモンスターを越える11号本塁打を放った。これには韓国生まれの現地記者も「このパワーは馬鹿げている」などと衝撃をSNSにつづっている。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 泳がされた流し打ちで、ここまで飛ばせるのは驚異的だ。6回2死走者なしで迎えた第3打席。大谷は外角のナックルカーブを、体勢を崩されながらも弾き返した。最後は右手一本で拾うような形になったが、打球は高々と左翼方向へ上がり、なんと37フィート(約11.3メートル)のグリーンモンスターを越えてスタンドに飛び込んだ。

 驚きの11号を米メディアも続々と報道していたが、米スポーツ専門局「ESPN」記者で、韓国生まれのジュン・リー氏は、同局の番組「スポーツセンター」公式ツイッターが公開した実際の大谷の本塁打映像を引用。自身のツイッターの文面に「オオタニが片手で弾き返し、逆方向のグリーンモンスターに運んだこのパワーは馬鹿げている」と驚きを記した。

 また、続く投稿では「プレーオフに出場できなくても世代を代表する2人の才能に溢れた選手を見ることは本当に楽しい」と記載。2人とは大谷とエンゼルスのスーパースター、マイク・トラウト外野手のことだと思われるが、ア・リーグ西地区最下位のチームの中で光る才能を称賛していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集