[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

一塁手と打者が“正面衝突” 痛々しい場面に米悲鳴「恐ろしい光景」「私なら死ぬ」

14日(日本時間15日)に行われた米大リーグ・ロイヤルズ―ホワイトソックスの一戦で、打者走者と一塁手が正面衝突する危険なシーンが生まれた。両者がグラウンドに倒れこんだ実際の映像を米メディアが公開。米ファンからは「恐ろしい光景」「私なら死ぬ」などと悲鳴があがっている。

打者走者と一塁手が正面衝突する危険なシーンに米ファンからは悲鳴があがっている【写真:AP】
打者走者と一塁手が正面衝突する危険なシーンに米ファンからは悲鳴があがっている【写真:AP】

ホワイトソックス・アブレイユが走者と衝突

 14日(日本時間15日)に行われた米大リーグ・ロイヤルズ―ホワイトソックスの一戦で、打者走者と一塁手が正面衝突する危険なシーンが生まれた。両者がグラウンドに倒れこんだ実際の映像を米メディアが公開。米ファンからは「恐ろしい光景」「私なら死ぬ」などと悲鳴があがっている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 まともにぶつかった。ダブルヘッダー第1試合の2回、ロイヤルズのハンター・ドージャーがやや一塁側へのキャッチャーフライを打ち上げた。ドージャーは捕球体制に入った捕手を避けて一塁へ走る。と、次の瞬間だ。打球を見上げたまま捕球へと向かってきたホワイトソックス一塁手のホセ・アブレイユと、ベースライン上で正面衝突したのだった。

 ドージャーは体が宙に浮き、ヘルメットも飛ばして地面に倒れこむ。一方のアブレイユも痛そうだ。実際の映像を米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のMLB専門ツイッターアカウントが公開。文面には「危ない。ホセ・アブレイユとハンター・ドージャーが一塁線上で衝突」とつづっている。

 アブレイユと言えば、エンゼルス大谷翔平投手が今季初登板した4月4日(同5日)の試合の走塁で、本塁ベースカバーに入った大谷と交錯。クリーンなスライディングをし、倒れた大谷をすぐに気遣う紳士な振る舞いが話題となった。今回は両者が互いの存在を目視で確認できておらず、こうした衝突が生まれてしまったようだ。

 米ファンからは「恐ろしい光景」「アウチ」「両者の無事を祈る」「ブロックじゃん」「私なら死ぬ」などとコメントが書き込まれている。両者ともこの後に交代。ドージャーは故障者リスト入りし、アブレイユはダブルヘッダー2戦目を欠場したものの、次の日の試合には復帰している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集