[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

パナソニックが5度目V王手! ラストシーズン福岡堅樹が開始30秒&ダメ押しで圧巻の3T

ラグビー・トップリーグ(TL)のプレーオフトーナメントは15日、準決勝が花園ラグビー場で行われ、ホワイトカンファレンス1位のパナソニックが、レッドカンファレンス2位のトヨタ自動車に48-21で勝利。今季限りで現役を引退する2019年ラグビーW杯日本代表WTB福岡堅樹は開始30秒でノーホイッスルトライを決めるなど、圧巻の3トライで決勝進出に貢献した。

先制トライを決めたパナソニックの福岡堅樹【写真:Getty Images】
先制トライを決めたパナソニックの福岡堅樹【写真:Getty Images】

TLプレーオフトーナメント準決勝

 ラグビー・トップリーグ(TL)のプレーオフトーナメントは15日、準決勝が花園ラグビー場で行われ、ホワイトカンファレンス1位のパナソニックが、レッドカンファレンス2位のトヨタ自動車に48-21で勝利。今季限りで現役を引退する2019年ラグビーW杯日本代表WTB福岡堅樹は開始30秒でノーホイッスルトライを決めるなど、圧巻の3トライで決勝進出に貢献した。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 先手を取ったのはパナソニックだ。開始わずか30秒で福岡が左サイドを疾走しトライ。5点を先制した。トヨタ自動車もすぐに反撃。5分にFL古川聖人がトライ、9分にはWTB高橋汰地がトライを奪い逆転に成功。高橋は16分にもトライを決めた。

 ビハインドの展開となったパナソニックは、SO松田力也のキックで反撃に出る。21分にペナルティーゴール(PG)、24分にはドロップゴール(DG)、27、33分にもPGを決めて逆転に成功する。

 トヨタ自動車もその2分後にSOライオネル・クロニエがPGを決めて、18-17と1点リードで前半を折り返した。

 後半も互いに一歩も引かない展開での立ち上がりだったが、今季無敗のパナソニックの底力が上回った。20分に途中出場の山沢拓也が逆転トライ。29分には福岡が左サイドにこの日2つ目のトライを決めた。快足ウイングはさらに37分にもトライを決め、圧巻の3トライ。医師の道を目指して、今季限りで引退する男がダメを押した。

 三洋電機時代も含めてTLで4度優勝しているパナソニック。5度目の優勝がかかる決勝(23日・秩父宮)は16日に行われるサントリー―クボタ(花園)の勝者と争う。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集