[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

39歳福士加代子に「勇気もらった」 後輩安藤友香を五輪内定に押し上げた絶大な存在感

東京五輪代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権女子1万メートルが3日、静岡・エコパスタジアムで行われ、20歳・廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が31分11秒75で優勝し、初の五輪代表に内定した。27歳の安藤友香(ワコール)も31分18秒18の2位で内定。奮闘の裏には同じワコール所属のレジェンド・福士加代子の存在があった。

初の五輪代表に内定した安藤友香【写真:奥井隆史】
初の五輪代表に内定した安藤友香【写真:奥井隆史】

東京五輪代表を懸けた日本選手権1万m

 東京五輪代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権女子1万メートルが3日、静岡・エコパスタジアムで行われ、20歳・廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が31分11秒75で優勝し、初の五輪代表に内定した。27歳の安藤友香(ワコール)も31分18秒18の2位で内定。奮闘の裏には同じワコール所属のレジェンド・福士加代子の存在があった。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 安藤は必死で食らいついた。4人の先頭集団を引っ張る廣中にピタリ。15分28秒で5000メートルを通過すると、5400メートルで先頭に出た。7500メートルから並走。8600メートル直前でスパートをかけた廣中に追い抜かれたが、なんとか参加標準記録の31分25秒00に滑り込んだ。ゴール直後に2人で固い握手。レース後の会見で心境を明かした。

「最後まで諦めずに自分の走りに集中できてよかった。廣中さんについている時は、本当にいいリズムで走って胸を借りていた。廣中さんがいなければこのタイム、順位はなかったので感謝を伝えていました。自分自身を出し切ることと、後悔なく終えるレースをしたいと思っていた」

 言葉通りに力を出しきって掴んだ五輪切符。後押しとなったのは福士の姿だった。安藤は17年3月名古屋ウィメンズで当時日本歴代4位の2時間21分36秒で日本勢トップに。だが、同年の世界陸上は17位に終わり、19年2月にワコールへと移籍した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集