[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 杉田祐一、四大大会初の3回戦進出ならず 4時間半超の死闘に米称賛「なんて奮闘だ」

杉田祐一、四大大会初の3回戦進出ならず 4時間半超の死闘に米称賛「なんて奮闘だ」

テニスの全豪オープンは17日、男子シングルス2回戦で世界ランク41位の杉田祐一(三菱電機)が同89位のイボ・カルロビッチ(クロアチア)に6-7、7-6、5-7、6-4、10-12で敗戦。四大大会で自身初の3回戦進出はならなかった。

杉田祐一【写真:Getty Images】
杉田祐一【写真:Getty Images】

2回戦でカルロビッチと熱戦を繰り広げるもフルセットの末に敗戦

 テニスの全豪オープンは17日、男子シングルス2回戦で世界ランク41位の杉田祐一(三菱電機)が同89位のイボ・カルロビッチ(クロアチア)に6-7、7-6、5-7、6-4、10-12で敗戦。四大大会で自身初の3回戦進出はならなかった。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 立ち上がりから一進一退の攻防が続くも、第1セットは先取を許してしまう。しかし、1回戦で世界ランク9位ジャック・ソック(米国)との2時間33分に及ぶ激闘を制した杉田は、この試合でも粘りを発揮する。第2セットをタイブレークの末に7-6でモノにすると、第3セットを5-7で落として迎えた第4セットでは再びギアを上げて6-4と再びタイとする。

 そして、38歳のカルロビッチとの白熱の展開は最終セットも続く。全米オープンを除く四大大会では最終セットのタイブレークがないため、2ゲーム差がつくまで試合は続行。10ゲーム、20ゲーム…互いにサービスゲームをキープして迎えた第21ゲーム、杉田はダブルフォールトなどミスを犯してブレイクを許してしまい、続くゲームも落として10-12と力尽きた。

 4時間37分に及ぶ死闘を最後まで戦った杉田。大会公式ツイッターが「人生において保障されていることは多いわけではない。イボ・カロビッチの5セットに及ぶ超大作は、その事例の1つだ」と速報すると、米テニス専門サイト「Tennis.com」公式ツイッターも「4時間37分に及んだ試合。両選手ともなんて奮闘だ」と敗れた杉田も称えている。

 1回戦で自身初となるトップ10プレーヤーから勝利。2回戦は敗戦こそ喫したものの、4時間37分に及ぶ死闘を繰り広げるなど、錦織圭(日清食品)の不在のなか、29歳のサムライはオーストラリアの地で日本の意地を示した。

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー