[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

20歳廣中璃梨佳、27歳安藤友香が1万m五輪代表内定 新谷仁美に続く切符をダブルで獲得

東京五輪代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権女子1万メートルが3日、静岡・エコパスタジアムで行われ、20歳・廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が31分11秒75で優勝し、初の五輪代表に内定した。安藤友香(ワコール)も31分18秒18で内定した。

日本選手権女子1万メートルで優勝した廣中璃梨佳【写真:奥井隆史】
日本選手権女子1万メートルで優勝した廣中璃梨佳【写真:奥井隆史】

東京五輪代表を懸けた日本選手権1万m

 東京五輪代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権女子1万メートルが3日、静岡・エコパスタジアムで行われ、20歳・廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が31分11秒75で優勝し、初の五輪代表に内定した。安藤友香(ワコール)も31分18秒18で内定した。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 廣中がレースをつくった。ピンクの帽子を被り、序盤から先頭に立った。3分6秒で1000メートルを通過。4人の先頭集団を引っ張り、6分11秒で2000メートルを通過した。真後ろには安藤友香(ワコール)がピタリと追走。廣中は15分28で5000メートルを通過したが、5400メートルで安藤に先頭を譲った。

 安藤、廣中の順で一騎打ちとなり、7000メートルを21分47秒で通過。7500メートルから並走する形となり、8000メートルは25分00秒だった。8600メートル直前でスパートをかけた廣中が先頭に。30分1秒でラスト1周。独走で記録との勝負となり、大きな拍手をもらいながら駆け抜けた。ゴール後は両手を挙げてガッツポーズ。2位の安藤と握手を交わした。

 31分25秒00の参加標準記録を突破して今大会3位以内に入った選手は代表に内定。昨年12月の日本選手権で日本記録30分20秒44を叩き出し、代表に内定した新谷仁美(積水化学)は今大会エントリーしておらず、残る男女各2枠を争っていた。廣中は初の1万メートルとなった4月の金栗記念で31分30秒03をマークしたが、参加標準記録にあと5秒届いていなかった。

 昨年9月の全日本実業団5000メートルで日本歴代3位の自己ベスト14分59秒37を記録。昨季は1500メートル、3000メートルでも自己記録を更新するなど成長を見せていた。優勝すれば内定していた12月の日本選手権5000メートルでは、田中希実(豊田自動織機TC)に1秒46差で敗れて2位。レース後は涙を流して悔しがっていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集