[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山縣亮太、10秒14で復活V 豪華メンバー相手に地元で快走「体が軽く背中押してもらった」

東京五輪まで約3か月となった中、陸上・織田記念国際が29日にエディオンスタジアム広島で行われ、男子100メートル決勝では山縣亮太(セイコー)が10秒14(追い風0.1メートル)で優勝した。最大3枠の五輪切符を争う6月の日本選手権(大阪)へ弾みをつける大会。雨中で気温15度前後の肌寒い気候となった中、日本代表有力選手たちが激突した。

10秒14で優勝した山縣亮太(右)【写真:奥井隆史】
10秒14で優勝した山縣亮太(右)【写真:奥井隆史】

小池、桐生、多田抑えて復活V

 東京五輪まで約3か月となった中、陸上・織田記念国際が29日にエディオンスタジアム広島で行われ、男子100メートル決勝では山縣亮太(セイコー)が10秒14(追い風0.1メートル)で優勝した。最大3枠の五輪切符を争う6月の日本選手権(大阪)へ弾みをつける大会。雨中で気温15度前後の肌寒い気候となった中、日本代表有力選手たちが激突した。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 小池祐貴が10秒26で2位、桐生祥秀が10秒30で3位、多田修平が10秒32で4位だった。

 3レーンの山縣は好スタートを切ると、序盤から先頭に立ち、ライバルの追撃を封じ込めた。レース後のインタビューでは「地元のレースで勝ててほっとしてます。今日は体が軽くて背中を押してもらったような気持ちです。冬もいい練習ができたので、どこかで結果が出てくれるだろうと思ってました」と振り返った。今後へ向けては「10秒05を切らないといけないので、自己記録狙って頑張りたいと思います」と話していた。

 予選では、山縣が3組1着の10秒29(追い風1.0メートル)で全体トップ通過。小池が10秒36の3組2着、桐生も10秒36(追い風0.6メートル)の1組1着、多田は10秒36(追い風0.9メートル)の2組1着で決勝に進んでいた。

 山縣は2019年6月の日本選手権直前に肺気胸を発症し、出場を取りやめた。秋の世界陸上に出られず、同11月には右足首靱帯も負傷した。保存療法を選択し、冬にはトータル約5か月の米国合宿も敢行。20年も右膝蓋腱炎を抱え、10月の日本選手権は出られなかった。近年は苦しんでいるが、今年は2月に10秒39(室内)、3月には雨と寒さの中で10秒36(向かい風0.1メートル)をマーク。好相性の織田記念で復活を印象付けた。

 9秒97の日本記録保持者サニブラウン・ハキーム、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は不在となったが、五輪イヤーのシーズンが本格化する中、豪華メンバーが凌ぎを削った。今大会前までに五輪参加標準記録10秒05を突破していたのはサニブラウン、桐生、小池の3選手。5月9日には五輪テストイベント「READY STEADY TOKYO(国立競技場)」が行われる。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集