[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サントリー、3季ぶりVへ8強 大量76得点も…31失点を反省「言い訳せずに見つめ直して」

ラグビー・トップリーグ(TL)のプレーオフトーナメントは24日、4会場で2回戦が行われ、秩父宮ラグビー場ではレッドカンファレンス1位のサントリーが、ホワイトカンファレンス8位のNECを圧倒。76-31で準々決勝進出を決めた。

大量12トライを奪ったサントリー【写真:石渡史暁】
大量12トライを奪ったサントリー【写真:石渡史暁】

TLプレーオフトーナメント2回戦

 ラグビー・トップリーグ(TL)のプレーオフトーナメントは24日、4会場で2回戦が行われ、秩父宮ラグビー場ではレッドカンファレンス1位のサントリーが、ホワイトカンファレンス8位のNECを圧倒。76-31で準々決勝進出を決めた。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 前半で6トライ、後半も6トライ。最後まで攻撃の手を緩めず大量12トライを奪ったサントリーだが、ミルトン・ヘイグ監督は内容に不満を滲ませた。原因は後半の失点だ。

「前半の内容には満足してはいます。フェーズをしっかり重ねて得点を取ることができた。後半もフェーズを重ねて得点できたシーンもあったのですが、ターンオーバーで相手にボールを与えてしまったところもあった。2試合連続で30点以上相手に与えてしまったのが満足いかない点です。次のリコー戦に向けてポジティブに捉えて、しっかりディフェンスを改善して次の試合に臨みたい」

 点差が開いた後半に失点を重ね、やや大味な試合になってしまった。キャプテンのCTB中村亮土も失点について「シンプルなミスが増えていった。それでちょっとずつゲインされた。1人1人のタックルを見つめなおして次へ向けていい準備をしたい。理由はたくさんあると思うのですが、点差が開いたというのもあると思いますし、集中力が切れた時間があったと思うし、テクニック不足もある。言い訳せずに見つめ直してやっていきたい」と分析している。

 充実の選手層を誇るサントリー。ニュージーランド代表SOのボーデン・バレット、2019年W杯メンバーのSH流大、中村亮らに加え、PR森川由起乙、WTB江見翔太らが新たに日本代表候補入りするなど、充実の布陣を誇る。ゲーム主将の中村亮も「ベンチメンバーだけでなく、誰が出てもいいくらい」と認める。

 現行のフォーマットでは最後となるトップリーグ。2017-18シーズン以来となる優勝へ、わずかなスキもなくしていく必要がある。リコーと対戦する準々決勝(5月9日・大分)へ向けて、中村亮は「結果として勝利したことで、優勝に向けて1つクリアできたことは良かったと思います。ただ自分たちの伸びしろを感じるゲームでもあった。1週間空きますが、そこの伸びしろをクリアにしていって、レベルアップしたサントリーをみせたい。次に向けていい準備をしたい」と力を込めた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集