[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

寺地拳四朗、判定勝ちでV8成功! 久田哲也撃破で飲酒問題から“みそぎ”歴代6位の防衛

 ボクシングのWBC世界ライトフライ級(48.9キロ以下)タイトルマッチが24日、大阪・エディオンアリーナ大阪で行われ、王者・寺地拳四朗(BMB)が挑戦者の同級1位・久田哲也(ハラダ)に3-0で判定勝ちし、8度目の防衛に成功した。日本ジム所属の世界王者では歴代6位タイの連続防衛。飲酒トラブルによる処分明け最初の試合で強さを見せた。戦績は29歳の寺地が18勝(10KO)、36歳の久田が34勝(20KO)11敗2分け。

久田哲也(右)に勝利し、寺地拳四朗がV8に成功した【写真:浜田洋平】
久田哲也(右)に勝利し、寺地拳四朗がV8に成功した【写真:浜田洋平】

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ

 ボクシングのWBC世界ライトフライ級(48.9キロ以下)タイトルマッチが24日、大阪・エディオンアリーナ大阪で行われ、王者・寺地拳四朗(BMB)が挑戦者の同級1位・久田哲也(ハラダ)に3-0で判定勝ちし、8度目の防衛に成功した。日本ジム所属の世界王者では歴代6位タイの連続防衛。飲酒トラブルによる処分明け最初の試合で強さを見せた。戦績は29歳の寺地が18勝(10KO)、36歳の久田が34勝(20KO)11敗2分け。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 寺地が勝ち切った。初回はジャブで互いに距離を確かめる展開だった。手数を増やす挑戦者。2回、互いの拳が交差したタイミングで寺地の右が炸裂した。顎を捉えてダウンを先取。しかし、立ち上がった久田は再開後も前に出て手数を増やした。4回以降は打ち合いが増え、上手く距離を取れない王者が被弾する場面も目立った。

 猛然と圧力をかける久田に対し、寺地は距離を取りながら的確にパンチを当てた。8回終了時点の採点は78-73、78-73、79-72で王者優勢。9回には久田がコーナーに追い詰めてラッシュをかけたが、寺地がうまくかいくぐり、タイミングのいいワンツーでダメージを蓄積させた。11回は本来の打たせずに打つスタイルを見せてペースを掌握。最後は死に物狂いで向かってくる挑戦者をいなした。

 日本のジムに所属した世界王者の連続防衛回数では、徳山昌守、亀田興毅に並ぶ歴代6位となった。ライトフライ級では田口良一を超え、具志堅用高の13回に次ぐ単独2位だ。両者は昨年12月に対戦予定だったが、寺地の飲酒トラブルが公となって延期に。王者は3か月のライセンス停止処分、6か月で48時間以上200時間以内の社会貢献活動を日本ボクシングコミッション(JBC)から義務付けられ、19年12月以来1年4か月ぶりとなる“みそぎ”のリングだった。

 久田はWBA世界同級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)に判定負けした19年10月以来2度目の世界挑戦。36歳5か月で王座奪取に成功していれば、長谷川穂積の35歳9か月を更新する国内男子最年長記録だった。

【日本ジム所属選手の世界王座連続防衛記録】
1位 具志堅用高(13回)
2位 山中慎介(12回)
3位 内山高志(11回)
4位 長谷川穂積(10回)
5位 勇利アルバチャコフ(9回)
6位 徳山昌守、亀田興毅、寺地拳四朗(8回)
7位 新井田豊、西岡利晃、井上尚弥、田口良一(7回)

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集