[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

捕邪飛がまさか“サヨナラ犠飛”に 米女子ソフトの珍事に衝撃「声掛けしないと…」

米国の大学女子ソフトボールの試合で、まさかの“サヨナラ犠飛”が生まれた。捕邪飛になろうかという打球で、一塁手と捕手が交錯。ホームベース間近の打球だったにも関わらず、三塁走者がタッチアップからホームインした。実際の映像を米メディアが公開。「だから声掛けしないと……」「一塁手がやっちゃった」などと反響が寄せられている。

米国の大学女子ソフトボールの試合で、まさかのサヨナラ犠飛が生まれた。(画像は米スポーツ専門局「SECネットワーク」公式インスタグラムより)
米国の大学女子ソフトボールの試合で、まさかのサヨナラ犠飛が生まれた。(画像は米スポーツ専門局「SECネットワーク」公式インスタグラムより)

米大学女子ソフトの試合で珍事、ファン「一塁手がやっちゃった」

 米国の大学女子ソフトボールの試合で、まさかの“サヨナラ犠飛”が生まれた。捕邪飛になろうかという打球で、一塁手と捕手が交錯。ホームベース間近の打球だったにも関わらず、三塁走者がタッチアップからホームインした。実際の映像を米メディアが公開。「だから声掛けしないと……」「一塁手がやっちゃった」などと反響が寄せられている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 こんな結末は予想できない。サウスカロライナ大とテネシー大の一戦は、2-2と同点のまま延長8回に突入。サウスカロライナ大が1死満塁とサヨナラのチャンスを迎えた。ここで打者は、一塁側バックネット付近へのフライを打ち上げてしまう。捕手が捕球体制に入る……と、次の瞬間だ。画面外側から一塁手がフレームイン。交錯し、倒れこみながらもボールを掴んだ。

 この乱れに乗じて、サウスカロライナ大の三塁走者マディー・ギャラガーがホームをついた。滑り込み、タッチされるがグラブからボールがこぼれてセーフ。まさかのサヨナラ劇となった。勝者は集まり、飛び跳ねて大喜び。一方のテネシー大ナインは、信じられない様子でベンチに引き上げた。

 実際の映像を、米スポーツ専門局「SECネットワーク」公式ツイッターが公開。文面に「何て結末だ」と衝撃をつづった。また、サウスカロライナ大体育部公式サイトもこの試合について「稀に見る結末だった」「1死満塁で、ファウルフライに一塁手が捕手に突っ込んだ。マディー・ギャラガーが三塁から走り込んで勝利を掴んだ」などと伝えている。

 米大リーグ(MLB)などではまず見られないであろうシーン。映像を見た現地の野球ファンたちからは「クレイジーだ」「一塁手がやっちゃったな」「ワオ」「(投手の)投球数143ってマジかよ」「一塁手はヒーローになろうとしたのかな」「だから声かけしないといけないんだよ」などと反響が寄せられていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集