[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が塁上ガッツポーズ 二塁陥れた“歓喜の好走塁”に米記者「感情を露わに…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、ツインズ戦に「2番・DH」で出場。第3打席で中前打を放ち、好走塁もあって得点した。二塁を陥れた後には両腕を突き上げてガッツポーズ。実際の映像を米メディアが公開し、現地の記者も「感情をあらわにした」「記憶に残る男」などと注目している。

2番DHで出場の大谷翔平【写真:AP】
2番DHで出場の大谷翔平【写真:AP】

中前打で送球間に二塁進塁、ファン「彼が大好き」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、ツインズ戦に「2番・DH」で出場。第3打席で中前打を放ち、好走塁もあって得点した。二塁を陥れた後には両腕を突き上げてガッツポーズ。実際の映像を米メディアが公開し、現地の記者も「感情をあらわにした」「記憶に残る男」などと注目している。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 押せ押せの空気を作った。6回無死一塁の第3打席。大谷はバットを折りながらも中前安打とした。一塁走者のフレッチャーは一挙三塁へ。送球の間に、大谷は快足を飛ばして二塁を陥れていた。両手人差し指を天に突き上げた後、拳に握り替えて繰り返しガッツポーズ。ヘルメットを被った表情は明るい。

 実際のガッツポーズ映像を米ロサンゼルスのスポーツチャンネル「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッターが公開。「ベース付近で。さあ行くぞ」と文面につづった。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者も「本当に記憶に残る男」と、このシーンに注目するツイートをしていた。

 MLB公式サイトのエンゼルス番のレット・ボリンジャー記者も自身のツイッターを更新。「フレッチャーは一塁から三塁に到達し、オオタニは二塁まで行く素晴らしいベースランニングだった。オオタニは二塁到達後、感情を露わにした」と伝えた。これらの投稿に、米ファンからは「スーパーヒーロー」「ママにピザを買ってもらった時」「新しい壁紙写真?」「最近感情を表現する彼が大好き」などと反響が寄せられている。

 大谷はこの後、トラウトの左前打で一気にホームイン。打だけではなく、足でもチームに貢献している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集