[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲見萌寧が大会コースレコード「65」で2打差急浮上 3週連続Vへ「今も疲れています」

女子ゴルフの国内ツアー・KKT杯バンテリンレディスは17日、熊本空港CC(6501ヤード、パー72)で第2日が行われた。45位で出た稲見萌寧(都築電気)は7バーディー、1ボギーの大会コースレコードタイの65で回って通算6アンダー。ホールアウト時点では、暫定首位の沖せいら(フリー)に2打差の同4位に急浮上した。

稲見萌寧【写真:Getty Images】
稲見萌寧【写真:Getty Images】

KKT杯バンテリンレディス第2日

 女子ゴルフの国内ツアー・KKT杯バンテリンレディスは17日、熊本空港CC(6501ヤード、パー72)で第2日が行われた。45位で出た稲見萌寧(都築電気)は7バーディー、1ボギーの大会コースレコードタイの65で回って通算6アンダー。ホールアウト時点では、暫定首位の沖せいら(フリー)に2打差の同4位に急浮上した。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 稲見が猛チャージをかけた。出だしの10番でバーディーを奪うと、14番は9メートルのバーディーパットを沈めた。後半は6番でカラーから7メートルを入れて3連続バーディー。「ここまで伸ばせると思わなかった。昨日よりショットが安定してくれたのが大きい。パットもそれなりにいい感じで打てていた。昨日はショットが悪くてチャンスがなかった。グリーンにも乗らなかったくらい」と笑顔で振り返り、こう続けた。

「ここ最近パットがそこまで悪くない。ショットが悪くても、アプローチが寄せ切れなくても半分くらいは入るんじゃないかなと思える。今日も7番で9メートルのパーパットが入ってくれてビックリしました」

 今年6戦3勝と驚異的な強さを見せつけている21歳。2週連続優勝中で疲労困憊の中、今大会は欠場も頭をよぎった。この日のラウンド後も「今も結構疲れていますね」と苦笑い。「今日は一番何がよかったというと、スタートが早かったこと。スタートが遅いと、体がきつかったと思う。スタートが遅くて寝すぎると、体がだるくなるので」。前夜は午後9時就寝で午前4時に起床。初日は45位で出遅れたが、午前7時55分スタートでいいリズムを掴めたという。

 過去の3週連続優勝は全美貞、鈴木愛の2人だけ。稲見が21歳263日で達成すれば最年少記録となる。「いま何を思うかというと、予選を通ってよかったということ(笑)。もうちょっと初日に頑張って気楽にプレーをしたい。順位的にも初日はギリギリ。優勝した次の週は、どうしても予選落ちしたくないと思ってしまう。そこをメインに考えています。まだ優勝は意識してないですね」と快挙は見据えず。「バックナインに入ったら気合いが入ると思います」と冷静に最終日に向かう。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集