[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹に感じた「何か異質なもの」 米記者が謙虚さ形容「日本のためになったと…」

男子ゴルフの松山英樹(LEXUS)はマスターズで日本男子悲願の海外メジャー初優勝を果たした。優勝後の飾らない謙虚な姿や、キャディーの早藤将太さんの一礼などが海外でも注目されているが、オーストラリアメディアは「勝利をしても謙虚さを忘れない」などと改めて報じている。

松山英樹【写真:AP】
松山英樹【写真:AP】

優勝後の姿勢にオーストラリア紙「全てを理解できないが…」

 男子ゴルフの松山英樹(LEXUS)はマスターズで日本男子悲願の海外メジャー初優勝を果たした。優勝後の飾らない謙虚な姿や、キャディーの早藤将太さんの一礼などが海外でも注目されているが、オーストラリアメディアは「勝利をしても謙虚さを忘れない」などと改めて報じている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 オーストラリア紙「シドニー・モーニング・ヘラルド」は「勝利をしても謙虚さを忘れないマツヤマ」と見出しを打って記事を掲載。松山が優勝後のインタビューで「日本人でもできるということが分かったと思う」などと語ったことについて注目している。

 同紙のピーター・フィッツシモンズ氏による記事では「マツヤマは素晴らしいことを成し遂げたが、それが日本の為になったことを喜んでいるようにも見えていた。そして彼の仲間も同じように喜んでいた」と記載。海外でも大きな話題となった早藤さんの一礼にもこう触れている。

「マツヤマが歓喜の中心にいるときに、キャディーは自分がテレビに映っているとは気づかず、旗をホールに戻しに行った。そして彼は帽子を取り、お辞儀をした。まるでオーガスタに『サンキュー』と言っているようだった」

 優勝後、帰国するために訪れた米アトランタの空港で、優勝の証・グリーンジャケットを丁寧に扱う姿も注目されていた松山。記事では「そこには文化的なギャップがあるので、私が全てを理解することはできない。しかし、そこには謙虚さと堂々とした姿、そして何か異質なものが存在していた」と伝え、「ヒデキ・マツヤマとキャディー、そして日本の方々、おめでとうございます」と祝福をつづっていた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集