[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、凡打にすら米記者驚き 天を仰ぐ強烈二直「ハードラックでアウトだが…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、ロイヤルズ戦に「2番・DH」で出場。5回の第3打席で4号ソロを放つなど3安打1打点の活躍を見せ、2戦連続猛打賞を記録した。現地の驚きは凡打にも及んでいる。7回の第4打席では、打球速度108マイル(約174キロ)のライナーを放つも、二塁手がジャンプして好捕。二直に悔しがる大谷の映像を米記者がSNSに公開し「ボールを破壊している」と伝えている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

ロイヤルズ戦で3安打猛打賞を記録

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、ロイヤルズ戦に「2番・DH」で出場。5回の第3打席で4号ソロを放つなど3安打1打点の活躍を見せ、2戦連続猛打賞を記録した。現地の驚きは凡打にも及んでいる。7回の第4打席では、打球速度108マイル(約174キロ)のライナーを放つも、二塁手がジャンプして好捕。二直に悔しがる大谷の映像を米記者がSNSに公開し「ボールを破壊している」と伝えている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 アウトにはなったが、強い打球だった。7回1死走者なし。大谷が放ったライナーは右翼方向へ。またヒットか……思われたが、深めに守っていた二塁手メリーフィールドがジャンプして好捕。一塁へ向かっていた大谷は苦笑いを浮かべ、速度を緩めながら天を仰いで悔しがった。

 アウトになった直後の大谷を撮影した実際の映像を、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」などで執筆していたブレント・マグワイア記者が自身のツイッターに公開。文面では「108マイルのライナーを放った時。(ショウヘイはボールを破壊している)」と記載した。

 この前の打席では飛距離431フィート(約131.3メートル)、打球速度108.9マイル(約174.2キロ)の一発を放った大谷。「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者は「(105マイル以上の打球は二直で)12回目……ハードラックでアウトになったが」と驚きをつづっていた。

 大谷は初回、平凡な内野ゴロかと思われた打球を俊足で内野安打とし、9回の第5打席でも右前打。チームは2-3で敗れたが、2戦連続の猛打賞で打率を.364に上げている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集