[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 日本勢のライバルに? 新全米女王が誕生、19歳テネルに絶賛「ほぼ非の打ち所ない」

日本勢のライバルに? 新全米女王が誕生、19歳テネルに絶賛「ほぼ非の打ち所ない」

フィギュアスケートの全米選手権は5日(日本時間6日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の新星ブレイディ・テネルが合計219.51点で初優勝。平昌五輪代表の有力候補に躍り出た19歳を米メディアも「テネルは思いがけない存在となった」と称賛している。

全米選手権初優勝となったブレイディ・テネル【写真:Getty Images】
全米選手権初優勝となったブレイディ・テネル【写真:Getty Images】

全米選手権初制覇、平昌五輪ほぼ確実、上昇度◎の新星出現「可能性とは天井知らず」

 フィギュアスケートの全米選手権は5日(日本時間6日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の新星ブレイディ・テネルが合計219.51点で初優勝。平昌五輪代表の有力候補に躍り出た19歳を米メディアも「テネルは思いがけない存在となった」と称賛。平昌五輪ではロシア勢を追う宮原知子(関大)、坂本花織(シスメックス)の日本勢のライバルとなるかもしれない。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

 上昇一途の勢いそのままに、19歳の新星が全米女王に駆け上がった。

 テネルはSPに続き、ミスのない演技を披露。渾身の4分間を演じ切ると、会心の笑みがこぼれた。得点は219.51。国内大会のため公認記録にはならないが、自己ベストの204.10点を15点以上も上回るハイスコアを叩き出した。

 昨年の全米選手権は9位。今季、初めて出場した11月のGPシリーズ・スケートアメリカで宮原、坂本に続き、3位に食い込み、ブレイクの兆しを見せていたが、シーズン前までほぼ無名だった19歳は、ここに来て想像以上の躍進ぶりだ。

 米スポーツ専門局「NBCスポーツ」も「テネルは思いがけない存在となった」と驚きを持った伝え、今大会の演技について「トップ選手達がジャンプで苦しむなか、テネルのジャンプはSP、FSのどちらでもほぼ非の打ち所がないものだった」と絶賛した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー