[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ブカツ応援
  • 流経大柏の伝統的キャプテンマーク 1枚の布切れに宿る「嫌われてナンボ」精神

流経大柏の伝統的キャプテンマーク 1枚の布切れに宿る「嫌われてナンボ」精神

準決勝のピッチで目を奪われたのは、死に物狂いでボールに食らいつき、タックルしながら転倒しても、またすぐ立ち上がりタックルを仕掛ける、芝にまみれたキャプテンマークだった。

流経大柏の主将MF宮本優太【写真:編集部】
流経大柏の主将MF宮本優太【写真:編集部】

流経大柏の主将MF宮本優太が存在感…矢板中央に1-0勝利で決勝進出、夏冬2冠に王手

 準決勝のピッチで目を奪われたのは、死に物狂いでボールに食らいつき、タックルしながら転倒しても、またすぐ立ち上がりタックルを仕掛ける、芝にまみれたキャプテンマークだった。

 全国高校サッカー選手権は6日、埼玉スタジアム2002で準決勝が行われ、インターハイ王者・流通経大柏(千葉)が矢板中央(栃木)に1-0で競り勝ち、決勝進出を果たした。流通経大柏の主将MF宮本優太は相手の攻撃を摘み続けるフィルターとして、この試合でも存在感を光らせていた。

 相手選手の侵入を防ぐため球際激しくボールを奪い、味方選手がオーバーラップで空けたスペースを常にカバー。一人一人に声を掛け、チーム全体のバランス維持に努め続けた。その姿は、日本代表における主将MF長谷部誠を彷彿とさせる。

 後半途中、DF関川郁万(2年)が相手選手のタックルに詰め寄った場面でも、真っ先に駆け寄り、頭に血が上っている関川に対し、「とりあえず俺の顔を見ろ。大丈夫だから。3年生とプレーするの、これが最後じゃ嫌だろう? 決勝出られなかったら、意味がないだろう?」と辛抱強くなだめた。

 終了間際には、相手陣地のコーナーフラッグでボールをキープし、自分よりもずっと背丈のある相手選手複数人に囲まれ、体をぶつけられても倒れず、必死に時間を稼いで勝利への闘争心を示した。

 試合後は関川に対し、「来年、キャプテンマークをつける可能性の高い選手。責任感とかはこの大会を通して身につけてもらえればいい。僕自身は、彼にキャプテンを任せたいので」と強い信頼感を示すことも忘れなかった。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー