[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、内野安打&二盗の“超快足”に米記者たち絶賛「チームNo.1の盗塁上手かも」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地のアストロズ戦で「2番・指名打者」で2試合ぶりに先発出場し、4打数2安打1得点で今季初のマルチ安打を記録した。快足を生かした内野安打から二盗に成功。米メディアが動画付きで報じる中、記者たちはツイッターで「走塁がとても上手だ」「チームNo.1の盗塁上手かも」などと絶賛している。

本拠地のアストロズ戦で「2番・指名打者」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
本拠地のアストロズ戦で「2番・指名打者」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷翔平が爆走した二盗動画を米メディアが公開

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地のアストロズ戦で「2番・指名打者」で2試合ぶりに先発出場し、4打数2安打1得点で今季初のマルチ安打を記録した。快足を生かした内野安打から二盗に成功。米メディアが動画付きで報じる中、記者たちはツイッターで「走塁がとても上手だ」「チームNo.1の盗塁上手かも」などと絶賛している。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 足でも魅了した。初回1死、大谷は内野安打で激走して出塁。両膝に手をついた状態でリードをとると、相手が投球動作に入った瞬間に好スタートを切った。捕手からワンバウンドで送球されたが、スライディングした大谷は余裕のセーフ。直後にトラウトが2試合連発となる先制2号2ランを放った。

 米メディアが二盗の動画を公開するなど、ツイッター上では米記者たちが大谷の足に注目している。AP通信のグレッグ・ビーチャム記者は「大きな体の選手だが、走塁がとても上手だ」と投稿。MLB公式サイトのエンゼルス番のレット・ボリンジャー記者は「過小評価されているスピードで、グリンキーから内野安打をもぎ取り、二盗に成功した」と評価した。

 今季2盗塁はチームトップ。開幕したばかりだが、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者「もしかすると、チームで最も盗塁が上手な選手かもしれない」と期待。米スポーツメディア「ブリーチャー・レポート」でMLBを担当するザカリー・D・ライマー記者は「今季ここまで打球速度115.2マイル(約185.4キロ)と33.6マイル(約54キロ)の安打を放っている。レジェンドだ」と、凄まじい本塁打と内野安打の球速差を紹介した。

 大谷は8回の左前打で今季初のマルチ安打。打率.250としたが、チームは2-4で連勝が3でストップした。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集