[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

乱闘で“すくい投げ”炸裂 怒った反撃に米熱狂「悪いけど面白いな」「WWEみたいだ」

米プロバスケットボール(NBA)は6日(日本時間7日)、ラプターズ―レイカーズ戦が行われ、試合中に乱闘騒ぎが起きた。シュートした選手とブロックした選手が交錯。一方が“すくい投げ”を繰り出した様子を米メディアが動画付きで報じると、米ファンは「悪いけど面白いな」「WWEみたいだ」と熱く盛り上がっている。

ラプターズのOG・アヌノビーとレイカーズのデニス・シュレーダーのプレーをきっかけに乱闘騒ぎが起きた【写真:AP】
ラプターズのOG・アヌノビーとレイカーズのデニス・シュレーダーのプレーをきっかけに乱闘騒ぎが起きた【写真:AP】

ラプターズ選手がブロックに来た選手に反撃、2人が退場に

 米プロバスケットボール(NBA)は6日(日本時間7日)、ラプターズ―レイカーズ戦が行われ、試合中に乱闘騒ぎが起きた。シュートした選手とブロックした選手が交錯。一方が“すくい投げ”を繰り出した様子を米メディアが動画付きで報じると、米ファンは「悪いけど面白いな」「WWEみたいだ」と熱く盛り上がっている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 これは一本か。20-34の第1クオーター(Q)残り2分24秒、追うラプターズのOG・アヌノビーがゴール下でシュートを試みた瞬間だ。ブロックに来たレイカーズのデニス・シュレーダーが覆いかぶさるように激突。2人はもつれ合う中、アヌノビーが立ち上がりながら身長191cmのシュルーダーの足を持ち上げて背中からコートに叩き落とした。

 偶然とは言い難い“すくい投げ”の瞬間、駆け寄った両軍選手に火がついて小競り合いに。審判やチームスタッフが割って入り、事態は収拾した。一連の動画を米スポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」公式ツイッターが公開すると、米ファンも「悪いけど面白いな」「WWEみたいだ」「怖いな」「退場はやりすぎでは?」「落ち着いて」「OGは悪くなくない?」「かわいいもんよ」とコメント欄で盛り上がっている。

 米スポーツ専門局「CBSスポーツ」はこう説明している。

「アヌノビーがシュレーダーに激しい反則を受け、ラプターズのギャリー・トレントJr.もその場にいた。そこにレイカーズのモントレズ・ハレルがやってきて、両チームの乱闘に発展した。しかし、最終的にはハレルとアヌノビーが退場となった。トレントとハレルは互いに熱くなっていたが、トレントは退場を免れた」

 ラプターズとツーウェー契約を結ぶ渡邊雄太も出場した試合。同局は「そこから落ち着き、試合はそのまま進んでいった」と記し、レイカーズが110-101で勝利を収めた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集