[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

低すぎる1球をストライク判定 球審の“誤審”に米識者憤慨「酷い。極悪で救いがたい」

米大リーグで主審のストライク判定が物議を醸している。4日(日本時間5日)のブレーブス―フィリーズ戦の9回、ブレーブスのロナルド・アクーニャJr.が低めのボールを自信をもって見逃したのだが、判定はストライク。見逃し三振となった。米記者は実際の映像を公開し「これはまずい判定」と指摘。米メディアでも「ロボットアンパイアはすぐに登場する必要がある」と問題視している。

見逃し三振に倒れたロナルド・アクーニャJr.【写真:Getty Images】
見逃し三振に倒れたロナルド・アクーニャJr.【写真:Getty Images】

1点差の9回、ストライク判定を巡り米記者が「これはまずい判定」と指摘

 米大リーグで主審のストライク判定が物議を醸している。4日(日本時間5日)のブレーブス―フィリーズ戦の9回、ブレーブスのロナルド・アクーニャJr.が低めのボールを自信をもって見逃したのだが、判定はストライク。見逃し三振となった。米記者は実際の映像を公開し「これはまずい判定」と指摘。米メディアでも「ロボットアンパイアはすぐに登場する必要がある」と問題視している。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 問題の場面は9回無死。1点を追うブレーブスの攻撃だ。先頭打者のアクーニャJr.はフルカウントからの低めの95マイル(約153キロ)を見送った。四球で一塁へ歩こうとしたその瞬間、審判はストライクをコール。アクーニャJr.は信じられないとばかりの仕草で審判に向かって何事かつぶやいている。

 米スポーツ専門局「CBSスポーツ」のダニー・ヴィエッティ記者が自身のツイッターで実際の映像を公開。「これはまずい判定。9回先頭のロベルト・アクーニャJr.が三振に」と疑問を呈している。

 さらにポットキャスト番組「フロム・ザ・ダイヤモンド」のホスト、グラント・マコーリー氏も自身のツイッターで「3ストライク目の判定は酷い。極悪で救いがたい」とバッサリと切り捨てているが、これだけでは終わらない。米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門サイト「フォー・ザ・ウィン」でも「ロナルド・アクーニャJr.への酷い三振判定がロボットアンパイアへのさらなる強力な主張をつくった」との見出しで、“誤審”にフォーカスしている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集