[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ラリー中に熱中症でダウン フラフラの英19歳を海外心配「危ない」「早い回復を願う」

テニスのマイアミオープン男子シングルスの試合で、世界ランク316位の19歳ジャック・ドレイパー(英国)が、ラリー中に熱中症で倒れるという出来事があった。現地時間25日に起きた実際のシーンをATP公式中継サイト「テニスTV」が動画で公開。また、英メディアも「暑さに苦しみ、倒れた」と伝えている。

ジャック・ドレイパーがラリー中に熱中症で倒れた【写真:Getty Images】
ジャック・ドレイパーがラリー中に熱中症で倒れた【写真:Getty Images】

マイアミオープン1回戦の出来事に海外「湿度はきついからね」

 テニスのマイアミオープン男子シングルスの試合で、世界ランク316位の19歳ジャック・ドレイパー(英国)が、ラリー中に熱中症で倒れるという出来事があった。現地時間25日に起きた実際のシーンをATP公式中継サイト「テニスTV」が動画で公開。また、英メディアも「暑さに苦しみ、倒れた」と伝えている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 19歳がやられてしまった。世界ランク106位ミハイル・ククシュキン(カザフスタン)との1回戦・第1セット、ドレイパーは5-6とリードされた時点で医療スタッフに脈拍をチェックされた。少し苦しそうだ。試合は続行したが、サーブに力はない。相手のセットポイント、ラリーを続けて右にボールを追ったが、遂にコート上に倒れこんでしまった。

 駆け寄ったスタッフの力も借り、何とか立ち上がったドレイパーだったが、試合は棄権することとなった。実際の映像を「テニスTV」公式ツイッターが公開。また、英紙「デイリーメール」は「英国の19歳、ドレイパーがマイアミオープンのコート上でフロリダの暑さに苦しみ、熱中症で倒れた。ATPツアーのデビュー戦だったが、リタイアとなった」との見出しでこの出来事を伝えている。

 記事では「ドレイパーは経験豊富な選手と対等に戦っていたが、5-6の時点で脈拍をチェックされていた」と紹介。立ち上がり、自力で会場を後にしたことも伝えている。当時、マイアミの気温は約29℃。1月に新型コロナウイルスに感染していたというドレイパーは「テニスができない時期が続いていた」と語ったという。

 倒れたことについては「めまいがしたので、転んでしまった。コンディションをコントロールできなかった。体力面でまだまだ改善しなきゃいけない部分がある。健康面でもベストではない」と反省を口にしている。映像を見た海外ファンからは「早い回復を願う」「危ないね」「こんな光景はもう見たくない」「彼のような年齢でも暑さに苦しむんだね」「マイアミの湿度はきついからね」などとコメントが寄せられている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集