[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、逆方向への“ポール際弾”に米記者驚き「またやった」「他の本塁打と違う」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、ロッキーズとのオープン戦に「2番・指名打者」で先発出場。第1打席でソロ本塁打を放つなど3打数1安打1打点だった。これでオープン戦5号。左翼席へ飛び込んだ一発の実際の映像をエンゼルスが公開しているが、米記者からは「オオタニがまたやった」「他の本塁打とは違った」などと注目が集まっている。

打撃絶好調の大谷翔平【写真:Getty Images】
打撃絶好調の大谷翔平【写真:Getty Images】

松井秀喜氏に並ぶオープン戦5本塁打

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、ロッキーズとのオープン戦に「2番・指名打者」で先発出場。第1打席でソロ本塁打を放つなど3打数1安打1打点だった。これでオープン戦5号。左翼席へ飛び込んだ一発の実際の映像をエンゼルスが公開しているが、米記者からは「オオタニがまたやった」「他の本塁打とは違った」などと注目が集まっている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 また大谷がパワーを見せつけた。初回1死の第1打席だ。左腕ゴンバーが高めに投じた速球を振り抜く。左翼ポール際へ高々と上がった打球は、そのまま芝生席へ着弾。逆方向への一撃に、実況席からも「信じられない!」と驚きの声が出た。大谷はゆっくりとダイヤモンドを1周。味方とタッチをかわした。

 オープン戦5本塁打は、ヤンキース時代の松井秀喜氏に並ぶ日本人最多本塁打となった。実際の映像をエンゼルス公式ツイッターが公開。また、米スポーツ専門局「CBSスポーツ」のダニー・ヴィエッティ記者は「これがスプリングトレーニングだとかは気にしない。ショウヘイ・オオタニは今まで私たちが野球場で見てこなかったことをやっている」と自身のツイッターに驚きをつづった。

 今季はこれまで、バックスクリーンへの140メートルを超える特大弾などを放っていた大谷。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」などで執筆していたブレント・マグワイア記者は「確かにこの本塁打はオオタニがこの春放った他の本塁打とは違った。彼の第5号は飛距離339フィート(約103メートル)で左翼席へ。打球速度95.2マイル(約153キロ)だった」と、逆方向へ高く上がった一発にツイッターで注目している。

 さらにMLB公式サイトのエンゼルス番のレット・ボリンジャー記者も「オオタニがまたやった。ソロ弾を左翼席に放ち、第5号本塁打。この時点で打率は.615になった」とツイート。チームは5-6で逆転負けしたが、大谷はこれで打率.571、OPS1.701となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集