[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小祝さくら「追いつけない差じゃない」 3打差4位に虎視眈々、2週ぶり逆転Vも視界に

女子ゴルフの国内ツアー・Tポイント×ENEOS第2日が20日、鹿児島・高牧CC(6424ヤード、パー72)で行われたが、降雨によるコースコンディションの不良で一時中断となった末、サスペンデッドとなった。4打差の9位で出た小祝さくら(ニトリ)は4バーディー、ボギーなしの68で回りきり、通算8アンダーで3打差の暫定4位に浮上。サイ・ペイイン(台湾)が11アンダーで同首位とした。

通算8アンダーで暫定4位に浮上した小祝さくら【写真:Getty Images】
通算8アンダーで暫定4位に浮上した小祝さくら【写真:Getty Images】

Tポイント×ENEOS第2日

 女子ゴルフの国内ツアー・Tポイント×ENEOS第2日が20日、鹿児島・高牧CC(6424ヤード、パー72)で行われたが、降雨によるコースコンディションの不良で一時中断となった末、サスペンデッドとなった。4打差の9位で出た小祝さくら(ニトリ)は4バーディー、ボギーなしの68で回りきり、通算8アンダーで3打差の暫定4位に浮上。サイ・ペイイン(台湾)が11アンダーで同首位とした。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 小祝がV圏内に顔を出した。4番は145ヤードから8アイアンで3メートルにつけてバーディー。5番は10メートルのロングパットを沈めて伸ばした。16番は3メートルのバーディーパットを決め、17番は127ヤードから9アイアンで1メートルにつけた。「16、17番のバーディーはしっかりショットでつけられたのでよかった。途中から本格的に雨が降ってきて、逆に切り替えられたと思います」。今年は2週前の初戦で優勝。実力者がトップに迫ってきた。

 大雨に見舞われ、悪条件となった一日。それでもショットメーカーは動じなかった。「雨の日は距離感を注意してプレーする」と集中。寒さで飛距離が落ちることを想定しながら回った。好スコアでも、雨中のラウンドは「やることが増えるので昔からあまり好きじゃない」とポツリ。「スコアカードを濡れないようにするとか、グリップとかも気をつけるのが大変です」と明かした。

 最終ラウンドは午前9時20分スタート。「これだけ降ったら下がぬかるむと思うので、難しくなる」とイメージした。「(自身がホールアウト時点では)トップが10アンダー。全然追いつけない差じゃない。ショットがいい感じなので、あとはパット次第。明日しっかりとプレーしたい」。結局、暫定首位は11アンダーとなったが、3打差は射程圏内か。黄金世代の22歳が今季3勝目を虎視眈々と視界に入れている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集