[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エストラーダの6P差勝利は「有り得ない!」 他競技スターも異議「俺はロマゴン勝利」

ボクシングのWBC&WBAスーパー世界スーパーフライ級王座統一戦が13日(日本時間14日)、米テキサス州ダラスで行われ、WBC王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)とWBAスーパー王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が対戦。エストラーダが2-1(115-113、117-111、114-115)の判定で勝利し、2団体のベルトを統一した。白熱の名勝負となったが、6ポイント差を付けたジャッジに他競技のスーパースターが「絶対に有り得ない!」と指摘。ゴンザレスの判定勝利と主張している。

ローマン・ゴンサレス【写真:Getty Images】
ローマン・ゴンサレス【写真:Getty Images】

スーパースター、リラードにファンも同調「間違いない」

 ボクシングのWBC&WBAスーパー世界スーパーフライ級王座統一戦が13日(日本時間14日)、米テキサス州ダラスで行われ、WBC王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)とWBAスーパー王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が対戦。エストラーダが2-1(115-113、117-111、114-115)の判定で勝利し、2団体のベルトを統一した。白熱の名勝負となったが、6ポイント差を付けたジャッジに他競技のスーパースターが「絶対に有り得ない!」と指摘。ゴンザレスの判定勝利と主張している。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 軽量級屈指の猛者同士の激突は両者2529発ものパンチが交錯する激闘に。12ラウンドの死闘の末に、勝敗は判定に委ねられ、エストラーダに軍配が上がった。

 ジャッジ2人のポイントは僅差だったが、エストラーダに6ポイントもの大差を与えた1人のジャッジに物言いをつけたのは、トレイルブレイザーズのスーパースター、デイミアン・リラードだった。

 ボクシング通としても知られているリラードはツイッターで「117-111!? 絶対に有り得ないだろ……。オレはチョコラティート(ゴンサレスの愛称)の勝利にした」とロマゴン勝利と主張した。

 コメント欄ではファンも「間違いない」「同意」「チョコラティートの勝ちだった」「117-111は噴飯もの」「ガロ(エストラーダの異名)も負けたと思っていた」「これは泥棒だろう」「チョコラティートの1ラウンド差勝利かドローかも」「エストラーダに7ラウンド以上付けるのは意味不明」と同調していた。

 リラードはさらに、ボクシングプロモーターのルー・ディベラ氏の「ただただ極悪なスコアカード。申し訳ないが、これは普通の試合ではない。凄まじい数の視聴者が誰が本当に勝利したのかを理解している。こんな茶番を黙認するのなら、これを引き起こす腐敗したシステムを絶対に変えられない」という怒りのツイートも紹介するなど、納得いかない様子だった。

 現地の専門家からも「ファイト・オブ・ザ・イヤーだ」との声が上がる一方で、6ポイント差ジャッジに対する異論が噴出していた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集