[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

11回2/3で30奪三振 米逸材大学生の浮き上がる直球に反響「MLB最強リリーフになれる」

米国のスーパー大学生右腕が圧巻の投球を続けている。14日(日本時間15日)の試合でも最終回に登板し、3者三振。これで今季は11回2/3で30奪三振と凄まじい奪三振率を記録している。浮き上がるようなストレートを投じる実際の映像を米国の名物セレブが公開。現地ファンからは「違法にすべき」「この国最強のリリーフになれるかも」などと驚愕の反響が集まっている。

米国大学生右腕の投球が反響を集めている(画像はロブ・フリードマン氏のツイッターより)
米国大学生右腕の投球が反響を集めている(画像はロブ・フリードマン氏のツイッターより)

ミシシッピ州立大のランドン・シムズの奪三振率は驚異の「23.14」

 米国のスーパー大学生右腕が圧巻の投球を続けている。14日(日本時間15日)の試合でも最終回に登板し、3者三振。これで今季は11回2/3で30奪三振と凄まじい奪三振率を記録している。浮き上がるようなストレートを投じる実際の映像を米国の名物セレブが公開。現地ファンからは「違法にすべき」「この国最強のリリーフになれるかも」などと驚愕の反響が集まっている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 米大リーグ(MLB)のドラフトでも上位指名は間違いないだろう。ミシシッピ州立大のランドン・シムズはイースタン・ミシガン大戦の9回にクローザーとして登板。最初の打者からは内角高めに浮き上がるようなファストボールで空振り三振を奪うと続く左打者にはひざ元へズバッとストレートを投じ見逃し三振。四球で出塁を許したが、最後も右打者のアウトローに糸を引くような直球を投げ込み、打者にバットを振らせなかった。

 9回を3三振で見事に締めくくったシムズの投球に目を付けたのは、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られ、現役の米大リーグ選手や米メディアからも多数フォローされている名物セレブのロブ・フリードマン氏だ。大学生の逸材投手にも熱い視線を送る同氏は自身のツイッターで「ランドン・シムズ、11回2/3で30奪三振」と驚きのデータを紹介している。

 この投稿に米ファンも「ゲームのチートコード」「信じられない」「狂気の沙汰」「この国最強のリリーフになれるかも」「ただただエグい」「違法にすべき投球」「絶対的な支配」「感動を超えている」などと驚きを隠せない様子だ。

 奪三振率にすると驚異の「23.14」。圧巻の投球を続ける右腕の注目度はさらに高まっていきそうだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集