[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

パッキャオ、日本のリングに上がった23年前のライセンス画像に反響「いい写真だね」

ボクシングの世界6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が自身のSNSを更新し、貴重な23年前のボクシングライセンスの写真を公開。別人のような若き日の自身が写った1枚に、海外ファンからは「いい写真だね」「素晴らしいキャリアだ」などと注目が集まっている。

マニー・パッキャオ【写真:Getty Images】
マニー・パッキャオ【写真:Getty Images】

1998年のボクシングライセンスの写真を公開「何て旅路だ」

 ボクシングの世界6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が自身のSNSを更新し、貴重な23年前のボクシングライセンスの写真を公開。別人のような若き日の自身が写った1枚に、海外ファンからは「いい写真だね」「素晴らしいキャリアだ」などと注目が集まっている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 歴史を感じる1枚だ。パッキャオが投稿しているのはライセンスが写った1枚の写真。JBC(日本ボクシングコミッション)が1998年に発行したもので、本名の「Emmanuel Pacquiao」、誕生日などと記されている。

 そして注目すべきは顔写真だ。当時19歳だったパッキャオ。髪はセンター分けで今の雰囲気とは大きく違う。この年の5月には日本のリングに上がり、後にも先にも唯一となる日本人(寺尾新)との対戦を行い、1回KO勝ちしている。プロデビューから4年目、全くの無名だった当時の貴重なライセンスの写真だ。

 現在42歳のパッキャオは「1998年の自分のボクシングライセンス。何て旅路だ。神が許してくれた、リング内外での全ての成果が達成できるなど考えてもみなかった。こんなに遠くに来られる強さを与えてくれたことを、毎日神に感謝している」と綴り、実際の写真を公開。これに海外ファンからは多数のコメントが集まっている。

「自分のアイドル」
「誇りに思う」
「素晴らしいキャリアだ」
「いい写真だね」
「アメージングだ」
「史上最強のひとり」
「レジェンドだ」
「敬意を示すよ」

 2019年7月以来試合から遠ざかっているパッキャオだが、次戦は世界4階級王者のマイキー・ガルシア(米国)との対戦が浮上している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集