[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、見極め困難な「エグい変化球」&161km剛球に米ファン興奮「超最高の状態だ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、アスレチックスとのオープン戦で今季初の実戦登板を果たした。最速100マイル(約161キロ)を記録するなど、1回2/3を投げて3安打1失点だった。5つの三振を奪った実際のシーンをMLBが公開。見極めの難しそうな直球と落ちる球に、米ファンからは「エグい変化球」「超最高の状態」などと興奮の声が寄せられている。

今季初の実戦登板を果たした大谷翔平【写真:AP】
今季初の実戦登板を果たした大谷翔平【写真:AP】

大谷の奪三振映像にMLB「エゲツない投球」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、アスレチックスとのオープン戦で今季初の実戦登板を果たした。最速100マイル(約161キロ)を記録するなど、1回2/3を投げて3安打1失点だった。5つの三振を奪った実際のシーンをMLBが公開。見極めの難しそうな直球と落ちる球に、米ファンからは「エグい変化球」「超最高の状態」などと興奮の声が寄せられている。

【特集】心を一つにつかんだ銀メダル 栄光に続くチームビルディングとは / バスケットボール・髙田真希選手インタビュー(GROWINGへ)

 対戦する打者が頭を抱えそうだ。大谷は御馴染みのゆったりとしたフォームから、思い切り右腕を振り抜いた。まずは初回、直球を外寄りにズバッと決めて2つの三振を奪うと、3人目は落ちる変化球。低めにコントロールされた1球で空振り三振に仕留めた。

 続く2回、ピンチの場面で真ん中付近から低めへ落として4K。最後は宝刀スプリットを右打者カンハの内角に投じ、まともなスイングをさせなかった。見極めが難しそうな直球と変化球で、この日はアウトの全てを三振で記録した。

 実際の動画をMLB公式ツイッターが公開。「オオタニのエゲツない投球を観るのがみんな大好きだ」と文面で紹介した。米ファンからは「健康のままでいて、オオタニサン!」「相手に悪いけど、オオタニが超最高の状態のようだ」「特大弾を放った後にマウンドに戻ってきた。復活か?」「エグい変化球だ」「この男の才能にはいつも驚かされる」「投打でこのレベルにいられるのが信じられない」「マジでレジェンド」などと反響が寄せられている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集