[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 海外メディアが見るサニブラウンの実力 4年後の金メダル候補の1人に

海外メディアが見るサニブラウンの実力 4年後の金メダル候補の1人に

英衛星放送「スカイ・スポーツ」は、4年後の100メートル走の金メダル候補5人を挙げる特集を組み、左太ももの故障でリオ五輪を欠場した17歳のサニブラウン・ハキーム(城西高)を選出した。

東京五輪ではボルトの“後継者候補“に? 「開催国のヒーローの1人に浮上するだろう」

 リオデジャネイロ五輪では、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が男子100メートル走、200メートル走、400メートルリレーで3大会連続3冠の偉業を達成した。しかし、ボルトは現役引退の意向を表明しており、2020年東京五輪には参加しない見込み。これを受けて英衛星放送「スカイ・スポーツ」は、4年後の100メートル走の金メダル候補5人を挙げる特集を組み、左太ももの故障でリオ五輪を欠場した17歳のサニブラウン・ハキーム(城西高)を選出した。

「誰が4年後に100メートル走で優勝し、燃えるようなボルトの足跡を辿るのか、ここで日本での五輪の金メダル候補5人を紹介する」

 このような文言とともに、ボルトの“後継者候補”の一角としてサニブラウンの名前を挙げた。

 特集では、2015年世界ユース選手権で100メートルと200メートルを優勝し、2015年国際陸上競技連盟の「ライジングスターアワード」(最優秀新人賞)に輝いたサニブラウンの実績を紹介。特に、世界ユース選手権の200メートルで20秒34をマークし、ボルトが2003年に残した記録を破ったことを特筆し、「エキサイティングな10代は太ももの故障により、オリンピックで強烈なスピードを披露するチャンスを失ったが、東京では開催国のヒーローの1人に浮上するだろう」と期待している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー