[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カネロに完敗 何もできなかった挑戦者に米記者辛辣「頑張っていたのならいいが…」

ボクシングのWBC&WBAスーパー世界スーパーミドル級タイトルマッチは27日(日本時間28日)、米フロリダ州のハードロックスタジアムで、パウンド・フォー・パウンド(PFP)最強のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)が同級2位の指名挑戦者アヴニ・ユルドゥルム(トルコ)に3回終了TKO勝ち。WBAは2度目、WBCは初防衛に成功した。あまりに一方的な内容に、米メディアからはミスマッチを指摘する声が上がっている。

アヴニ・ユルドゥルム【写真:Getty Images】
アヴニ・ユルドゥルム【写真:Getty Images】

明白だった実力差、米メディア「アンダードッグを叩きのめす」

 ボクシングのWBC&WBAスーパー世界スーパーミドル級タイトルマッチは27日(日本時間28日)、米フロリダ州のハードロックスタジアムで、パウンド・フォー・パウンド(PFP)最強のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)が同級2位の指名挑戦者アヴニ・ユルドゥルム(トルコ)に3回終了TKO勝ち。WBAは2度目、WBCは初防衛に成功した。あまりに一方的な内容に、米メディアからはミスマッチを指摘する声が上がっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 実力差は明白だった。序盤から的確にパンチを当て優位に進めるカネロ。会場に集まった観衆を一気にヒートアップさせたのは3ラウンドだ。リング中央でワンツーを叩き込みダウンを奪った。ユルドゥルムはガードを上げていたが、その隙間からねじ込むように当てた右ストレート。何とか立ち上がったユルドゥルムは、驚いたような表情を浮かべている。

 このラウンド、ユルドゥルムは耐えきったが、戦意を喪失したのか4回のゴングを聞く前に棄権。カネロが貫録を見せつけ、ベルトを守った。

 ユルドゥルムは指名挑戦者とはいえ、2019年2月からブランクのあった世界的には無名な選手。戦前からカネロが圧倒的有利と見られていた。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」は「カネロが(力の差が)際立つ世界タイトル防衛戦で、アンダードッグを叩きのめす」との見出しでレポートしている。

 まず両者の力の差を示すように、「彼(ユルドゥルム)は1回に、29発のパンチを打ち、そのうち1発しか着弾できなかった。対するカネロは16発を着弾」とデータを紹介。「そしてカネロのアッパーカットと残酷なボディショットに対して、全く対応できなかった。彼のコーナーはカネロを『コンフォートゾーンから追い出し』、積極的に攻撃すると約束していたが、それは真実から程遠かった」と厳しい視線を送っている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集