[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【名珍場面2017】イチロー級の衝撃!? 心酔の“弟子”が「超曲芸打ち」で米ファン唖然

【名珍場面2017】イチロー級の衝撃!? 心酔の“弟子”が「超曲芸打ち」で米ファン唖然

2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は9月に米大リーグ(MLB)のマーリンズでイチローを慕う“弟子”が放った「ホームベース前の“超曲芸打ち”」。ベース手前でワンバウンドした変化球に手が出たが、そのままバットを当てて内野安打に。“本家”さながらのバットコントロールの瞬間を、MLB公式動画サイト「Cut4」が公式ツイッターに紹介し、話題を呼んだ。

マーリンズのゴードン【写真:Getty Images】
マーリンズのゴードン【写真:Getty Images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」…9月にMLBのマーリンズ・ゴードンが放った珍安打

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は9月に米大リーグ(MLB)のマーリンズでイチローを慕う“弟子”が放った「ホームベース前の“超曲芸打ち”」。ベース手前でワンバウンドした変化球に手が出たが、そのままバットを当てて内野安打に。“本家”さながらのバットコントロールの瞬間を、MLB公式動画サイト「Cut4」が公式ツイッターに紹介し、話題を呼んだ。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 なぜ、こんなボールを打てるのか。目を疑うようなヒットを放ったのは、マーリンズのゴードンだ。9月20日(日本時間21日)のメッツ戦、8回2死だった。

 2球で簡単に追い込まれ、カウント0-2で迎えた3球目だった。左打者のゴードンに対し、メッツの右腕カデルが投じた球は、タテの変化球。しかし、落ちるのが早く、明らかなボール球だったが、思わず手が出てしまった。ワンバウンドすると判断した捕手が体に当てて、捕球する体勢を取った次の瞬間だった。

 ボールはベース手前でバウンドし、土が跳ねている。しかし、そんなことはお構いなし。180センチの体を器用に折り畳み、巧みなコントロールで、バットの先でボールに当ててみせた。打球は遊撃方向へ。力ない打球ではあったが、持ち前の俊足で内野安打に変えてしまったのだ。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー