[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ブカツ応援
  • 「2人の脇役」が救った1勝 広島皆実、“シードの難”で見せた「夏とは違う強さ」

「2人の脇役」が救った1勝 広島皆実、“シードの難”で見せた「夏とは違う強さ」

チームを勝たせるのがエースの役目だ。しかし、必ずしもエースだけがチームを勝たせるわけでもない。男子の広島皆実(広島)は、2人の脇役がチームを救った。高校バスケットの祭典、ウインターカップ2017全国高校バスケットボール選手権大会は25日に東京体育館で第3日を行い、インターハイ8強でシードとなった広島皆実は、初戦の難しさに苦みながら、99-83で草津東(滋賀)を破って3回戦に駒を進めた。

チーム最多の35得点を挙げた広島皆実・大道【写真:平野貴也】
チーム最多の35得点を挙げた広島皆実・大道【写真:平野貴也】

ウインターカップ男子2回戦、インハイ8強校が苦しむも“脇役”躍動で初戦突破

 チームを勝たせるのがエースの役目だ。しかし、必ずしもエースだけがチームを勝たせるわけでもない。男子の広島皆実(広島)は、2人の脇役がチームを救った。高校バスケットの祭典、ウインターカップ2017全国高校バスケットボール選手権大会は25日に東京体育館で第3日を行い、インターハイ8強でシードとなった広島皆実は、初戦の難しさに苦みながら、99-83で草津東(滋賀)を破って3回戦に駒を進めた。

 全国大会の初戦は、難しい。独特の雰囲気に緊張感や高揚感が増幅される。一つひとつのプレーが良くも悪くも影響する。選手のパフォーマンスが安定しないのだ。特に難しいのは、シードチーム。優勝を見据えれば1試合少なく勝ち上がれる利点があるが、初戦は1試合を戦って緊張感の取れたチームと戦わなければならない。

 ポイントガードの原未来斗がゲームを作り、エースの小川俊哉がドライブと外角シュートで得点を量産。インサイドは、それぞれU-18、U-16の日本代表を経験している身長190センチ台の深渡瀬海と三谷桂司朗が支配するチームだ。

 しかし、1回戦で初戦を勝っている草津東の出足が鋭く、接触プレーで遅れを取った。主将の原は「試合の入り方は気を使っていましたが、シュート成功率とかだけでなく、相手よりも不利になる部分が多かったです。動きの硬さを感じたわけではないけど、動きのキレは相手の方があると思いました。慣れるのに時間がかかりました」とコートで感じた難しさを明かした。

 接触プレーの多いインサイドでは深渡瀬と三谷が、ともに前半で3ファウルと苦しみ、第2ピリオドの序盤では8点差をつけられた。フルタイムのゲームが県予選の決勝以来だったという点も影響していたようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー