[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「2人の脇役」が救った1勝 広島皆実、“シードの難”で見せた「夏とは違う強さ」

目標への道つないだ2人の働き、主将も称賛「夏とは違う強さを出してくれた」

 チームを救ったのは、シューターの大道拓将と、控えスタートの山口尚稀だ。藤井貴康コーチは「堅守が持ち味なのですが(相手の方が動けて)全部が後追いになってしまい、ディフェンスやリバウンドで苦しみました。ただ、攻撃では、大道がつないでくれました。速攻も3ポイントも大事なところで決めてくれました」と攻撃陣でチーム最多35得点を挙げた大道の名を挙げた。

 大道は「インサイドが苦しんでいる分、外回りが頑張らないといけないと思いました。ガード陣がうまく合わせてくれたので、気持ちよくシュートが打てました。仲間に助けられました。ガードが良い状況を作ってくれたから。合わせてくれたから取れただけ」とどこまでも控え目だったが、持ち前のシュート力でチームを救った。

 もう一人の立役者は、2年生の山口だ。苦しんだ第2ピリオドに投入され、高い位置から精力的なディフェンスを仕掛けて、試合の流れを引き戻した。

 主将の原は「途中から出て来た山口が頑張ってくれて、夏とは違う強さを出してくれたと思います。山口は、おとなしい奴だけど、秘めたものは人一倍強い。ケガから戻ってきたばかりだけど、影響を感じさせないプレーだった。すごく信頼できる、控えの1番手」と貢献度の高さを強調した。

 初戦からエンジン全快とは行かなかったが、2人の脇役によって目標への道はつながった。翌26日に行われる3回戦は、秋田工(秋田)と対戦。今度は主力が力を見せる番だ。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集