[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • “ボルト襲名”の衝撃!? 韋駄天FWの“超速弾”に本家も絶賛「名がボルトかのよう」

“ボルト襲名”の衝撃!? 韋駄天FWの“超速弾”に本家も絶賛「名がボルトかのよう」

海外サッカーで超人的なスピードで相手をぶち抜き、仰天のゴールを炸裂させた“野人”が出現。あまりに速すぎる韋駄天に、あのウサイン・ボルト(ジャマイカ)が「その名がウサイン・ボルトであるかのような動きを見せる兄弟、レオン・ベイリーは必見だ」と絶賛。自身のインスタグラムで決定的シーンを動画で紹介し、ファンから「本当にボルトのよう」「ジャマイカの誇りがまた1人」と賛辞を浴びている。

ジャマイカ20歳FWの超速弾、ボルトがSNSに動画公開「その名がボルトであるかのよう」

 海外サッカーで超人的なスピードで相手をぶち抜き、仰天のゴールを炸裂させた“野人”が出現。あまりに速すぎる韋駄天に、あのウサイン・ボルト(ジャマイカ)が「その名がウサイン・ボルトであるかのような動きを見せる兄弟、レオン・ベイリーは必見だ」と絶賛。自身のインスタグラムで決定的シーンを動画で紹介し、ファンから「本当にボルトのよう」「ジャマイカの誇りがまた1人」と賛辞を浴びている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 一人だけ、早送りしているかのようだった。超人的な韋駄天ぶりで、人類最速男も驚嘆させたのは、ドイツ1部ブンデスリーガ、レバークーゼンFWレオン・ベイリーだ。

 17日のハノーファー戦、まずは2-3とビハインドで迎えた後半2分。ハーフウェーライン付近で右サイドから中央にボールを送った時、左サイドはガラ空きだった。その瞬間、広大なスペースをめがけてベイリーは突進。絶妙なタイミングでスルーパスが送られると、最終ラインのDFを一瞬で5メートルほどぶち抜いた。あとはGKとの1対1。冷静にニアサイドに蹴り込み、同点弾を決めた。

 ベイリー劇場は終わらない。同点弾を超えるインパクトを与えたのは、後半22分。自陣エリア付近からのカウンター。再びできた左サイドスペースに対し、今度は自陣のエリア位置からスタート。最終ラインまでの距離は30メートルはあろうかというのに、ものの5秒で追いつくと、スルーパスを受け、またもGKとの1対1に。今度はファーサイドを選び、逆転弾を決めてみせた。

 どちらも超人的なスピード。根源的な足の速さという身体能力でぶち抜かれてしまうのだから、相手ディフェンダーも呆然と立ち尽くすしかない。それほど、ベイリーの韋駄天は図抜けていた。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー