[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

やっと開幕トップリーグ コロナ禍の“恩恵”を感じた日本代表SO「プラスしかない」

新型コロナウイルスの影響で第1節から延期となっていたラグビーのトップリーグ(TL)が20日、各地で開幕した。東京・秩父宮ラグビー場では、パナソニックがリコーに55-14で勝利。2019年ワールドカップ(W杯)で史上初の8強入りに貢献したPR稲垣啓太、WTB福岡堅樹ら日本代表だった選手6人を擁する優勝候補が、観衆3941人の前で好スタートを切った。

パナソニックの松田力也【写真:石渡史暁】
パナソニックの松田力也【写真:石渡史暁】

ラグビー・トップリーグが35日遅れで開幕、1年ぶりに公式戦開催

 新型コロナウイルスの影響で第1節から延期となっていたラグビーのトップリーグ(TL)が20日、各地で開幕した。東京・秩父宮ラグビー場では、パナソニックがリコーに55-14で勝利。2019年ワールドカップ(W杯)で史上初の8強入りに貢献したPR稲垣啓太、WTB福岡堅樹ら日本代表だった選手6人を擁する優勝候補が、観衆3941人の前で好スタートを切った。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 輝きを放ったのは、W杯日本代表の松田力也だ。チームは7トライの猛攻で大勝。松田はコンバージョン7本、ペナルティゴール2本を全て決めてみせた。狙いづらい端からのキックも入れ、マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)を獲得。試合後のリモート会見ではこう語った。

「例年、パナソニックでは短い準備期間で開幕を迎えるんですけど、今シーズンは一人ひとりのキャラクターを再確認できました。FW、BKに求めることを伝えられたし、自分にしてほしいことも聞けて準備できたと思います。今日の試合でも、みんながどうしないといけないかわかっていた」

 昨季はコロナ禍により、2月22、23日の第6節を最後に残り全試合が中止となった。今季も1月16日の開幕前に6チーム計60人以上の陽性者が判明し、開幕が1か月延期に。試合数を減らす形で大会方式が変更され、35日遅れで“やっと”迎えた開幕だった。

 どのチームも同じ条件だが、パナソニックは最大限に生かした。松田は長い準備期間にチームの成熟度が増し「プラスしかないと思います」と“恩恵”を実感。個人でも「満足のいくキックを蹴られるように毎日準備してきた。キックを蹴らせてもらうことにも責任がある」と正確無比な武器を磨き、この日の成功率100%に繋げた。

 開幕前の練習試合は無観客。この日は制限付きながら、3941人が集まり「アップの時からお客さんが入っていて、凄く多くの方に見守ってもらえていると思えました。僕たちはエキサイティングして楽しくラグビーができた」と喜びを表現した。28日の第2節は日野と対戦。2015年度以来の優勝へ「満足することなく、ずっと100%の精度を目指してやっていきたい」と気を引き締めた。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集