[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織、「忘れるべき1年」からの復活に米注目 「来年は強くなって帰ってくる」

錦織、「忘れるべき1年」からの復活に米注目 「来年は強くなって帰ってくる」

男子テニスの世界ランク22位・錦織圭(日清食品)にとって、2017年シーズンは苦しみの1年だった。2015年に同4位に上り詰め、リオデジャネイロ五輪は日本勢96年ぶりのメダルとなる銅メダルを獲得。さらなる躍進が期待されたが、今季は右手首の故障でシーズン途中に休養を発表し、ツアー優勝なしに終わった。米メディアは錦織について「ゾッとするような2017年は忘れるべきシーズン」と総括する一方で、来たる2018年シーズンについては「来年は強くなって帰ってくる」と期待を懸けている。

2017年の戦績は30勝13敗で勝率69.8%…「2013年以来ワースト」の出来

 男子テニスの世界ランク22位・錦織圭(日清食品)にとって、2017年シーズンは苦しみの1年だった。2015年に同4位に上り詰め、リオデジャネイロ五輪は日本勢96年ぶりのメダルとなる銅メダルを獲得。さらなる躍進が期待されたが、今季は右手首の故障でシーズン途中に休養を発表し、ツアー優勝なしに終わった。米メディアは錦織について「ゾッとするような2017年は忘れるべきシーズン」と総括する一方で、来たる2018年シーズンについては「来年は強くなって帰ってくる」と期待を懸けている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

「2017年シーズンレビュー:故障に悩まされたケイ・ニシコリがトップから転落」と見出しを打って取り上げたのは、米スポーツ専門メディア「バベル」だった。

「ケイ・ニシコリはゾッとするような2017年に耐え、忘れるべき1年となった。タイトルなしに終り、トップ10からも陥落した」

 2016年の同時期に発表された世界ランキングでは5位だったが、記事によれば、今季の戦績は30勝13敗で勝率69.8%。13個の敗戦のうち、11試合が格下相手で、タイブレークでの成績もキャリア初の負け越しになったと記し、「2013年以来ワースト」と評している。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー