[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • フェデラー、年収は70億円超え!? スポンサーが「魅力的」に感じる理由を米誌分析

フェデラー、年収は70億円超え!? スポンサーが「魅力的」に感じる理由を米誌分析

 男子テニスの世界ランク2位ロジャー・フェデラー(スイス)は今年8月に36歳となったが、今年は全豪オープン、ウィンブルドンとグランドスラムで2度の優勝を飾るなど、コート上の存在感は衰えることを知らない。同時に、高まり続けるのはその市場価値だ。米経済誌「フォーブス」は、総額2000万ドル(約21億円)以上と見積もっている。

ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】
ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

スポンサー契約は年間55億円以上、大会賞金を含めた年収は70億円か

 男子テニスの世界ランク2位ロジャー・フェデラー(スイス)は今年8月に36歳となったが、今年は全豪オープン、ウィンブルドンとグランドスラムで2度の優勝を飾るなど、コート上の存在感は衰えることを知らない。同時に、高まり続けるのはその市場価値だ。米経済誌「フォーブス」は、総額2000万ドル(約21億円)以上と見積もっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 記事によれば、フェデラーは地元スイスのチョコレートメーカー「リンツ&シュプルングリー」社と、新たにアンバサダー契約を結ぶ予定。同社は世界的な知名度を誇るレジェンドに総額21億円を提示したという。

 フェデラーはナイキやウイルソンといったメーカーとともに、ロレックス、クレディ・スイス、スイスのコーヒーメーカーである「JURA」とスポンサー契約を結び、いずれの企業とも10年以上の長期契約を締結。年間での契約額は5000万ドル(約55億円)を超えていると見られており、各大会での獲得賞金を含めると、6400万ドル(約70億4000万円)を稼いでいるとされる。

 2017年にも、世界最大のパスタ会社であるイタリアの「バリラ」グループと4000万ドル(約44億円)で契約を結んだと見られているが、これだけスポンサーがつく理由は「テニスファンの世界的な規模、そして人口の多さがあり、マーケティング担当者にとって魅力的」だと記事では伝えている。

 フェデラーのアスリートとしての“ブランド力”は、ビジネス面でも世界最高峰だと言って差し支えないだろう。

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー