[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

波乱続きのミラノダービー 主審が異例の途中交代…海外識者も仰天「異次元だ」

海外サッカー、イタリア杯準々決勝は現地時間26日、インテルがACミランに2-1で勝利。ミラノダービーは後半アディショナルタイム7分に決勝ゴールが生まれる劇的な展開となった。一方で試合中に起きた異例のハプニングも注目を呼んでいる。主審が左太ももを負傷し、途中交代。海外記者は「波乱続きのミラノダービーと言っていいだろう」と伝えている。

イタリア杯準々決勝でACミランを下したインテルの選手たち【写真:AP】
イタリア杯準々決勝でACミランを下したインテルの選手たち【写真:AP】

イブラヒモビッチは退場、その後に主審が負傷で交代のハプニングも

 海外サッカー、イタリア杯準々決勝は現地時間26日、インテルがACミランに2-1で勝利。ミラノダービーは後半アディショナルタイム7分に決勝ゴールが生まれる劇的な展開となった。一方で試合中に起きた異例のハプニングも注目を呼んでいる。主審が左太ももを負傷し、途中交代。海外記者は「波乱続きのミラノダービーと言っていいだろう」と伝えている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 意地と意地が激突するダービーマッチは、まさに波乱の展開だった。先制ゴールを決めたミランのFWイブラヒモビッチが後半13分にDFコラロフを後ろから倒してしまい、2枚目の警告で退場。この後にインテルが反撃を開始し、同24分にPKで試合を振り出しに戻した。

 そしてその5分後だ。主審が左太ももを負傷。足を引きずりながらピッチを後にし、第4審との交代を余儀なくされたのだ。これにより後半のアディショナルタイムは10分にも及んだ。

 現地専門メディア「フットボール・イタリア」でも試合をレポートしているが、主審交代のシーンについて「ドラマは終わらない。主審のパオロ・バレリがももを負傷し数分間試合が停止。第4審のダニエレ・キッフィとの交代を余儀なくされた。これで10分間の停止となった」と記している。

 米スポーツ専門局「ESPN」のアンドリュー・チェーザレ記者も「主審が負傷した。ここまで波乱続きのミラノダービーと言っていいだろう」とツイート。スポーツデータなどを提供する米テクノロジー企業「スタッツパフォーム」のプロデューサー、サシャ・ピサニ氏も「このミラノダービーは異次元だ。審判のバレリが負傷により交代」とツイッターに驚きを綴っている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集