[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カネロが試合中に質問「痛むか?」 腕が異様に腫れた敗者「奴は笑っていたんだ」

ボクシングのカネロこと世界4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)は、19日(日本時間20日)にWBA世界スーパーミドル級スーパー王者カラム・スミス(英国)に3-0で判定勝ちした。激闘により、スミスは左上腕を負傷。試合後には異様なほど腕が大きく腫れ上がる画像が話題を呼んでいたが、カネロは試合中に笑いながら「痛むか?」と相手に聞いていたという。英紙「ザ・サン」が報じている。

サウル・アルバレス(左)に敗れたカラム・スミス【写真:Getty Images】
サウル・アルバレス(左)に敗れたカラム・スミス【写真:Getty Images】

負傷箇所を狙われたスミス「俺の最大の武器が封じられた」

 ボクシングのカネロこと世界4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)は、19日(日本時間20日)にWBA世界スーパーミドル級スーパー王者カラム・スミス(英国)に3-0で判定勝ちした。激闘により、スミスは左上腕を負傷。試合後には異様なほど腕が大きく腫れ上がる画像が話題を呼んでいたが、カネロは試合中に笑いながら「痛むか?」と相手に聞いていたという。英紙「ザ・サン」が報じている。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 カネロが強烈な拳を叩き込んだ。ガードを固めながらロープにもたれるスミスに対して強打を連発。スミスの左上腕は試合後に異様なほど大きく腫れ上がった。パンチを着弾させた決定的瞬間の画像付きで海外メディアが報じる中、同紙も「カラム・スミスはカネロ・アルバレスが上腕三頭筋を故意に狙ったとして非難した」の見出しで記事を掲載。英専門メディア「ボクシング・ソーシャル」のインタビューで、スミスはこう話しているという。

「あれは意図的だ。初回から狙ってきた。俺は陣営に話したんだ。『奴は俺の腕を狙ってくる。どの右フックも俺の腕を目がけてやってくる』と。そして4回に俺はまた『腕がイカれている』と話した」

 身長191センチ、リーチ198センチのスミスの武器の一つは左フック。リーチはカネロに19センチ上回っていたが、優位に立てなかった。「俺の最大の武器である左フックを封じられてしまった。それが奴らの計画だったかどうかは分からないが、それが効いた形になった」と振り返っている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集